mornin'

mornin'

ロビットが販売する、スマートめざましカーテン「mornin'」を試してみました。

iPhoneアプリ「めざましカーテン mornin' [モーニン]」を使用して、タイマーと連動して、カーテンを自動で開け閉めすることが出来る製品です。

なお、カーテンを自動両開きにするためには、mornin' が2個必要になります。


mornin'

mornin'

mornin'は、単3アルカリ乾電池 3本で動作します。

動作時間は約5ヶ月だそうです。

本体には予め単3アルカリ乾電池3本が入っています。


本体上部に機能カーテンレール用ガイドがあり、本体のボタンを押す事で45度回り、簡単に装着することが出来ます。

なお、カーブレール、インテリアレール、装飾レールなど特殊なカーテンレールには使用で来ません。

メーカーの「カーテンレール推奨値」を予め確認して下さい。


めざましカーテン mornin' [モーニン]アプリを起動して、指示の通り進み、mornin'の電源ボタンを押してBluetoothペアリングを確立させます。

その後、動かしたいカーテンの方向を選択します。


mornin'

mornin'

動かしたいカーテンの先端のランナーからフックを外し、先端のランナーと、次のランナーの間にmornin'を取り付けます。

mornin'を覆うように、カーテンを元に戻してmornin'の設置は完了です。


mornin'

mornin'

アプリからmornin' の動作確認を行います。

モーター音がしますが、それほど気になるような音量ではありません。

:mornin'を設置したカーテンは、手動で開閉することが出来なくなります。


mornin'

mornin'

mornin'の中央にある黒いタイヤによってカーテンが動きますが、カーテンが長かったり、重さがあるカーテンだと、モーターの力が負けて動かなくなります。

そうした場合は、mornin'の動作パワー量を調整し、再度動作確認を行います。

また、カーテンの長さに応じて、動作する時間も調整します。


mornin'アプリでタイマーを設定し、開閉時間をセットします。

カーテンを決まった時間に開けて、窓から射込む朝日を浴びることによって、体内時計を、自然に「起きるモード」にする効果が期待出来ます。

朝日を決められた時間に浴びることが目的のため、朝日が射込まない窓の場合、あまり意味はないと思います。


mornin'アプリ

mornin'アプリ

mornin'アプリで、mornin'を設置したカーテンをリモコン操作で開閉することが出来ます。

リモコン開閉操作の場合、動作速度をアップさせる「ハイスピードモード」を選択出来ます。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する