Appleが、Mac用ポストプロダクションワークフローソフトウェア「Final Cut Pro X Ver.10.0.3」の配布を開始しています。

アップデートの内容については「Final Cut Pro X Software Update」において、動画付きで紹介されています。


・マルチカムプロジェクトを編集するための画期的な新ツールの数々が含まれています。

・オーディオ波形、時刻と日付、またはタイムコードを使って、撮影したビデオのクリップを自動的に同期させ、最大64アングルのビデオからなるマルチカムクリップを作成しますが、これには様々なフォーマット、フレームサイズ、フレームレートが混在させられます。

・強力なアングルエディターにより、マルチカムクリップの中に飛び込んで、正確な調節を行なうことができます。またアングルビューアを使えば、多くのアングルを同時に再生し、それらの間でシームレスにカットすることができます。

・強固なワンステップクロマキーをベースに、カラーサンプリング、エッジアジャストメントそしてライトラップを含む高度なコントロールを追加しています。

・複雑なキーイング作業を、モーショングラフィックスアプリケーションに書き出すことなくFinal Cut Pro Xの中で進めることができ、結果をリアルタイム再生ですぐに見ることができます。

・ブロードキャストモニタリングは、現在ベータ版ですが、波形ディスプレイ、ベクタースコープ、そしてキャリブレーションされた高品質モニターに接続できるため、制作中のプロジェクトが放送仕様に適合しているかどうかを確かめることができます。

・プロジェクトやイベントを新しいメディアに手動で接続する際にメディアを再接続できます。

・レイヤー化されたPhotoshopグラフィックスの読み込み/編集ができます。

・XML 1.1。プライマリカラーグレーディング、エフェクトパラメータ、オーディオキーフレームをサポートしています。

・Thunderbolt I/OデバイスやサードパーティーのPCIeカードを使ってビデオやオーディオをモニターすることができます。


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する