Appleが、WWDC2016のセッション「Advances in iOS Photography」において、iOS 10のAVCapturePhotoOutput APIを使用することで、iSightカメラでRAW撮影が可能になると説明しています。

保存されるフィル形式は、Adobe DNGで、現像プレビュー画像も高品質だと説明しています。


対応可能な端末は、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPad Pro (9.7-inch)の4製品で、FaceTimeカメラ側は非対応だそうです。

デモでは、iOS 10のカメラアプリではなく、デモ用AVCaptureManualアプリを使用して行われており、標準カメラで利用出来る分けではないようです。


iOS 10 RAW対応機種

iOS 10 RAW対応機種

なお、ドキュメント「iOS 10.0」のCore Imageの説明の中で、A8、A9プロセッサを搭載したiOSデバイスでは、RAW画像ファイルの編集が可能だと説明がされています。


また、iPad Pro (9.7-inch)のみで利用可能な機能として、DCI-P3規格をベースにし、sRGBより25%広いカラースペース「Display P3 Color」プロファイルを利用することが出来ると説明しています。

RAW撮影に加えて、1080pまたは4K動画撮影でもサポートするそうです。

これにより、iPad Pro (9.7-inch)のiSightカメラを、デジタルシネマカメラとして使用することが出来るアプリ開発が可能になります。


別のセッション「Live Photo Editing and RAW Processing with Core Image」によると、現像出来るRAWデータは、16メーカー、400機種に上り、iOS 10だけでなく、tvOS 10もサポートしていると説明されています。


Android 5.0 Lollipop

Android 5.0 Lollipop

すでにAndroid 5.0 LollipopではRAW撮影が可能になっており、LUMIX CM10などでもRAW撮影が可能です。

また、Adobe Lightroom 2.0 for AndroidSnapseed for Androidなどのアプリでは、Adobe DNGファイル形式によるRAW撮影および編集が可能になっています。


関連エントリー:Apple、iOS 10、macOS Sierraなどのデベロッパードキュメントを公開


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する