フォトラボ:常識にとらわれないポートレート

フォトラボ:常識にとらわれないポートレート

Apple Storeが、Today at Appleの新しいプログラムとして「フォトラボ:常識にとらわれないポートレート」を開催しました。

Christopher Anderson氏は、国際的写真家集団「マグナム・フォト」正会員を務めるカナダ人フォトグラファーです。


3つのテーマ

3つのテーマ

3つのテーマ「被写体を見つめ直す」「レンズに別のものを写し込む」「自分らしいスタイルを加える」が提示され、それぞれのテーマにそって体験していきます。

通常のポートレート撮影とは違い、意外性のあるポートレートを撮影するテクニックを学びます。


Christopher Anderson氏

Christopher Anderson氏

最初のテーマ「被写体を見つめ直す」では、敢えて被写体に被る影を入れてみたりして、人物のフォーカス場所に変化をつけるテクニックを学びます。

セッションに参加する参加者とペアになって撮影するのですが、光源を意識するのは結構難しいことが体験できます。


被写体を見つめ直す

被写体を見つめ直す

撮影するアングル例として、上から、下から、横から、後ろから、クローズアップ、全身といった撮影例も紹介してました。

影をしっかり入れるのは、天気や室内照明など様々な条件が揃っていないと難しい技法なのだと実感しました。


被写体を見つめ直す

被写体を見つめ直す

Christopher Anderson氏は「被写体を観察してすぐに頭に浮かんだアイデアにとらわれず、ほかの可能性を想像してみましょう。」と説明しています。

じっくり被写体と向き合って撮影してみることも重要だということです。


Christopher Anderson氏

Christopher Anderson氏

次のテーマ「レンズに別のものを写し込む」では、iPhoneのカメラの前に様々なアイテムを配置し、被写体に対して写り込む写真を撮影するテクニックを学びます。

Apple Store側が用意した様々なアイテムを自由に使いながら、セッションに参加する参加者とペアになって撮影を体験します。


レンズに別のものを写し込む

レンズに別のものを写し込む

アイテム例として、スカーフ、iPhone、Apple Watch、ガラスの瓶、ペットボトル、カラーフィルタ、ワイヤー、紙などが紹介されていました。

別のものを写し込んで撮影するにあたり、手前にフォーカスがあたってしまうため、それをどうすれば良いか自分で考える必要があり、結構難しいです。


レンズに別のものを写し込む

レンズに別のものを写し込む

Christopher Anderson氏は「完璧さにこだわるあまりに、偶然がもたらす思いがけない結果を見逃さないようにしましょう。」と説明しています。

人物をただ正面から撮影するのではなく、アイテムを通してみることで、新しい構図が見えて来たりしました。


自分らしいスタイルを加える

自分らしいスタイルを加える

最後のテーマは「自分らしいスタイルを加える」で、写真の編集機能を使って、自分らしい個性をもった編集を行います。

補正、フィルタ、ハイライト、シャドウ、コントラスト、彩度、キャストなどを自由に使いながら編集します。


TheDisruptingSeries

TheDisruptingSeries

今回のセッションで学んだテクニックを使った写真を、Instagramにハッシュタグ「#todayatapple」「#TheDisruptingSeries」「#ShotoniPhone」を加えて投稿すると、Appleのスタッフがピックアップして紹介する写真コンテストを実施していると説明がありました。

なお、投稿締切は、2019年6月21日までだそうです。



PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する