Apple Storeが、ホリデーシーズン・マーケティングを開始しています。

Apple Online Storeと同じ「無数の可能性を、一つ贈ろう。」で使われてる、ホリデーシーズンイメージを使ったバナーが店内に掲げられ、スタッフのウェアも赤い色に変わっています。


スタッフウェアは、半袖シャツ、長袖シャツ、フリースジャケットの3パターンあり、半袖シャツの場合は、オプションで下に白い長袖シャツを着用出来るそうです。

なお、これまで首から下げていたネームプレートタグは無くなったそうです。


Apple Store, Nagoya Sakaeの場合、2階にあるアクセサリー棚の上半分が、iPhone/iPadの純正アクセサリーで占められるようになり、調和を感じさせるカラートーンで並べられています。

目の高さに位置するものは、Apple純正品が置かれ、そしてJフックに掛けられる重複数も大幅に増えています。


下半分は、iPhoneケース、iPadケースが大半を占めています。

Mac用を入れるケース類は、Speck、Tech21などの一部、スリーブケースは、Incase、Thule、Acme Madeの一部となり、リュックやビジネスバッグ系は、ほぼ無くなりました。


反対側は、その他のApple純正アクセサリー、Beats by Dr. Dre製品が並び、フィットネス系、ホーム関連、スピーカー、ストレージ、トイ&ゲーム関連が並んでいます。


Onlineも含め、Apple StoreからBose製品が無くなったのはニュースにもなったので知っている方が多いと思いますが、Retailでは、Sennheiserが無くなりました。

スピーカーでは、 JawboneのJAMBOXシリーズ、BRAVEN、Philips、Jabraなども無くなっています。


Bowers & Wilkins、harman/kardon、Ultimate Ears、B&O PLAY、JBLなどから厳選されたモデルのみ残されています。

iPadアクセサリーは、ロジークの場合、キーボード付きのみとなり、加Herschel SupplyなどのiPad用スリーブケースは無くなっています。


Retailで先行展開されていた「Carte Blanche by Boostcase」が無くなっています。

また、iPod touch、iPod nano、iPod shuffle用ケースも無くなりました。


音楽系のIK Multimedia製品が無くなり、ストレージ系は、Onlineも含めてFreecom Technologiesが無くなり、Thunderbolt接続ドライブのRAIDドライブも、G-Technology、LaCieの一部が残されている状況です。

Mac用スタンドも縮小され、キーボードアクセサリーやクリーナー系は無くなりました。


パッケージソフトウェアは、宛名職人Ver.21 Apple Store限定版、Microsoft Office for Mac 2011は残り、Parallels Desktop 10 for Mac、ATOK 2014 for Macは無くなっています。

また、Appleの子会社であるファイルメーカーの「FileMaker Pro 13」も無くなっていたのにはビックリしました。


このサードパーティ製アクセサリーのセレクト強化によって、ワールドワイドで約7割減っているような感じですが、新しく取り扱いが開始されたメーカーもあり、取り扱いブランドの見直しが行なわれたのかもしれません。

逆にApple Online Storeは増加しているので、ECサイトとリアルショップの運営を分け始めたのかもしれません。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する