TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

フォーカルポイントが、GREEN FUNDINGにて、SSD搭載USB-Cハブ「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1」のクラウドファンディング・プロジェクトを開始しています。

これまで販売されてきたTUNEWEAR ALMIGHTY DOCK Cシリーズのデザインを継続採用し、新たに最大960GBのSSDを内蔵したモデルとなります。

今回、そのサンプルを試させてもらいました。


TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

インターフェイスは、USB-C、USB-A ×2、HDMIポートとなっています。

HDMIポートは最大4K/30Hz HDCP 1.4/2.2映像出力対応です。

なお、iPad Pro (USB-C)の場合、iPad Pro本体側の制限により最大2K/60Hz映像出力となります。


TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)に接続し、システム情報で仕様を確認してみました。

JMicron Technologyの「JMS583」コントローラーチップが採用されていて、内蔵SSDはUSB 3.2 Gen 1 (5Gbps)で接続されていました。


TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

内蔵SSDは、Windows NTファイルシステム(NTFS)でフォーマットされていました。

USB-Cメスコネクタは、USB PD入力専用で、最大給電量は60Wまでとなっていました。


AJA System Test 15

AJA System Test 15

AJA Video Systemsのディスクベンチマーク「AJA System Test 15」を使用して内蔵SSDのベンチーマークを計測してみました。

SSDのドライブ性能は、Write 397MB/s、Read 421MB/sでした。


TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

ディスクユーティリティを使用して、TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1の内蔵SSDをMac OS 拡張(HFS+)フォーマットすると、バックアップシステム「Time Machine」用のドライブとしても使用できます。


TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1

iPadOS 13以降がインストールされたiPad Pro (11-inch)のUSB-Cポートに接続してみました。

ファイル Appから、TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1の内蔵SSDにアクセスできました。

MacとiPad Pro (USB-C)との間でGBレベルのファイル移動する場合、こうしたローカルストレージを使用した方が効率が良いと思います。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する