HP Sprocket

HP Sprocket

日本HPが販売するミニフォトプリンター「HP Sprocket 200icon」を試していました。

ZINK technologyの「Zero Ink」用紙を使用するミニフォトプリンターは、Canon、Brother、Prynt、Polaroid、LG、Lifeprintなどがかも発売されていて、世界的に流行しています。

ピンクモデルはHP Directplus専売モデルです。


HP Sprocket 200

HP Sprocket 200

付属するmicroUSBケーブルを使用し、約2時間で満充電となります。

1枚印刷するのに要する時間は約30秒で、バッテリー駆動で最大35枚印刷することが可能です。

Bluetooth 5.0接続で、電源オン/オフ機能も搭載されています。

わざわざmicroUSBケーブルも本体色に合わせている点も良いですね。


HP Sprocket 200

HP Sprocket 200

本体のフタをスライドさせて外し、同梱されているLifeprint Photo Paperを入れます。

文字が印刷されている側を下向きにしてセットします。

最大10枚のZINKのZero Ink用紙を入れることができます。


HP Sprocket

HP Sprocket

iPhone/iPadアプリ「HP Sprocket」をインストールします。

HP Sprocketアプリを起動して、HP Sprocket 200の電源を入れ、iPhone/iPadとをペアリングします。

ペアリングは初回のみで、次回からはHP Sprocketの電源を入れるだけで自動的に接続されます。


HP Sprocket 200

HP Sprocket 200

ZINKのZero Ink用紙をセットする際は必ず同梱の青いスマートシートを下向きに
一緒にセットします。

スマートシートにより、ヘッドのクリーニングと、スマートシートのバーコードを読み取りをして、用紙のカラーを最適な状態に調整してくれます。

スマートシートは、Zero Ink用紙10枚セットに1枚必ず入っています。


HP Sprocket

HP Sprocket

HP Sprocketアプリで、自分の顔や手書きの文字・絵などをスタンプにしたり出来る「カスタムスタンプ」、サイズの大きな画像を複数の用紙に分けてプリントする「タイルモード」、カメラで写すとフレームが動き出す「マジックフレーム」、プリントシール機で印刷したような、1枚のフォトシートに4つの写真を並べて印刷できる「フォトブース」など多彩な印刷が行えます。


HP Sprocket

HP Sprocket

デザインが決まったらHP SprocketアプリからHP Sprocket 200にプリント出力するだけでです。

ZINKのZero Ink用紙は、裏面がシールになっているのが特長で、プリントした写真を色々な場所に貼って楽しむことが可能です。


HP Sprocket

HP Sprocket

HP Sprocketアプリには「埋め込み体験(AR写真)」機能が搭載されていて、設定でARをオンにして、動画を写真に埋め込んで印刷しすることができます。

また、プリント写真に「日付」「位置情報」を埋込可能で、位置情報に基づいた「Wikipedia」「Googleストリートビュー」表示もアプリで行えます。

どこで撮影された写真なのかを探す機能として利用出来ます。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する