Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

シュピゲンジャパンの初代iMacをモチーフにしたiPhone X用ケース「Spigen Classic C1」を試してみました。

1998年5月6日に発表され、1998年8月29日から発売された「iMac (Bondi blue)」のデザインをモチーフにしたケースです。

アメリカでは、Bondi Blue、Ruby、Sage、Graphite、Snow、Grape、Blueberryのカラーラインアップが用意されています。


Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

構造は、iPhone X ケース スリムアーマーに近く、TPU素材とポリカーボネート素材を組み合わせた仕様となっています。

TPUケースの内側には、iMac (Bondi blue)発表時に画面表示された「hello (again)」があしらわれています。


Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

さっそくiPhone XにSpigen Classic C1を装着してみました。

装着はとても簡単に行え、また、外すのも比較的容易に行えます。

高さ5.3mm、幅5.3mm、厚さ5.2mmほど増し、全体的に丸みを帯びた形に変わります。


Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ面は、端が0.5mmほど立っているため、画面を下に向けても、机面などに画面が直接触れることはありません。

また、2.5D画面保護フィルムなどを押し上げてしまうことも無いようです。


Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

左側面のサウンドオン/オフスイッチ部分のために穴が空けられています。

また、音量を上げる/下げるボタンは、各外側部分がケース本体と繋がっていて、押し下げられるように設計されています。


Spigen Classic C1

Spigen Classic C1

底面のLightningコネクタ回りは大きく空けられていて、内蔵マイクや内蔵ステレオスピーカーなどの穴もしっかり空いています。

底面のLightningコネクタ部分は大きく空けられていて、持ち手が太いLightningコネクタも接続することができます。


Spigen Classic C1/iMac (Bondi blue)

Spigen Classic C1/iMac (Bondi blue)

iMac (Bondi blue)とSpigen Classic C1を比べてみました。

Spigen Classic C1のBondi blueパーツ部分は、iMac (Bondi blue)よりもかなり明るいことが分かります。

iMac (Bondi blue)の筐体はスケルトン仕様ですが、Spigen Classic C1ほど、はっきり透けているわけではありません。



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する