Sphero SPRK+ Robot

Sphero SPRK+ Robot

Apple Storeが、Spheroのプログラム可能な教育向けロボット「Sphero SPRK+ロボット」を販売開始していたので試してみました。

OVALと呼ばれるSphero独自のCベース言語のコードを表すビジュアルブロックを使って、ロボットに指令を与えることができる「Sphero SPRK Edition」の改良型モデルです。


Sphero SPRK+ Robot

Sphero SPRK+ Robot

Sphero SPRK+本体、ワイヤレス充電器、テープ1巻が収められています。

セットアップするための手順や、ステッカーなども納められています。

テープは、SPRK+が転がりながら進む迷路を作るためのものです。


Sphero SPRK

Sphero SPRK

iPhone/iPadアプリ「Sphero SPRK」を使用して、ビジュアルブロックを使ったプログラミングでき、コマンドのドラッグ&ドロップが簡単に行なえます。

アプリには、コミュニティーのメンバーによって作成されたレッスンプランなど、多数のアクティビティが含まれています。


Sphero SPRK+ロボット

Sphero SPRK+ロボット

Sphero SPRK+本体と充電台は、非接触式充電によって接続されます。

充電台に付属するmicroUSBケーブルを接続し、約3時間の充電で約1時間連続動作します。


Sphero SPRK+

Sphero SPRK+

Sphero SPRKアプリを起動して、Sphero SPRK+と接続します。

アプリでチュートリアルを進めることで、Sphero SPRK+を動かすことが出来るようになります。

ブロックを重ねる事でプログラムを組む感じで遊べます。


Sphero SPRK+

Sphero SPRK+

Sphero SPRKアプリから、他のサンプルプログラムを利用して動かしたりできます。

また、他のSphero SPRKユーザーが作ったプログラムをダウンロードして利用したりすることも出来ます。


Sphero SPRK+

Sphero SPRK+

投稿されているプログラムをダウンロードして、それを元にブロックプログラミングを編集することで、さらに複雑なアクションをさせることが出来ます。

色々なプログラムが用意されており、アイデアでプログラムを組むことを学べます。


Sphero SPRKアプリ

Sphero SPRKアプリ

Sphero SPRKアプリを起動した状態で、iPhone本体を横にすると、手動運転モードに変えることが出来ます。

左が運転コントロールで、右がボールカラーを変化させることが出来ます。

新たに筐体表面に強力な耐スクラッチ性を持つUV コートを施し、一層傷つきにくく、透明度が持続するようになりました。


関連エントリー
Apple Store、Spheroのプログラム可能な教育向けロボット「Sphero SPRK+」を販売開始
Apple Store、Spheroの円筒型ロボットのブラックモデル「Orbotix Sphero Darkside Ollie」を販売開始
Apple Store、Spheroのプログラム可能な教育向けロボット「Sphero SPRK Edition」を販売開始
Apple Store、Spheroの円筒型ロボット「Sphero Orbotix Ollie」を販売開始
Apple Store、OrbotixのiOS対応リモコンボール「Orbotix Sphero 2.0 Limited Edition」を販売開始(Store限定販売)




PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する