Happy Hacking keyboard Professional BT

Happy Hacking keyboard Professional BT

PFUが、Happy Hacking KeyboardのBluetooth接続対応版「Happy Hacking keyboard Professional BT」を4月25日に発売すると発表しました。

HHKB Professional2と同じ「英語配列 刻印有」「英語配列 刻印無」と、HHKB Professional JPと同じ「日本語配列モデル かな無刻印」がラインナップされています。


Happy Hacking keyboard Professional BT 日本語配列/墨

Happy Hacking keyboard Professional BT 日本語配列/墨

今回試したのは「Happy Hacking keyboard Professional BT 日本語配列/墨」です。

キーボードを上から見た限りは、Happy Hacking Keyboard Professional JP 日本語配列モデル かな無刻印とまったく同じです。


これまでHHKBをBluetooth接続で使用するには、Cerevo製のUSBインタフェースをBluetoothに変換機「EneBRICK HHKB Edition」が必要でしたが、最大24MbpsとなるHight Speedをサポートした、Bluetooth 3.0 class2(2.5mW/10m)規格を採用し、幅広いBluetooth機器と接続出来るようになりました。


最大4台のデバイスとBluetoothペアリングすることが出来ます。

なお、接続機器の切り替えは手動切断となります。

Bluetooth HIDに対応した機器とはレシーバーなしで、すばやくペアリングできます。

本体は、単3電池2本で約3ヶ月動作します。


電池駆動以外に、別途microUSBケーブルを用意すれば、USB給電でも使用できます。

なお、USBケーブル接続で電池充電及びUSBケーブル接続によるキーボード使用は出来ません。


HHKB Professional BTのDIPスイッチ

HHKB Professional BTのDIPスイッチ

HHKB Professional BTには、USB接続のHHKB Professional同様のDIPスイッチが背面に用意されています。

MacおよびiOSデバイスで使用する場合は、DIPスイッチの「1をオン」にする必要があります。

出荷時はオフになっていますので、必ずオンにして下さい。


HHKB Professional BT 重量

HHKB Professional BT 重量

乾電池を入れた本体の重さを量ってみたところ592gでした。

HHKB Professional2の重さは530gですので、62g重くなっています。

単三乾電池2本の重さは47gなので、本体そのものの重さは、わずか15g増えてるだけでした。


AppleのBluetoothキーボード「Magic Keyboard - JIS」と比べてみました。

Appleのキーボートより横幅が大きく、縦幅は小さくなり、Magic Keyboardの最上列にあるファンクションキーがありません。

このファンクションは、HHKB-BTの日本語か配列の場合、左角のFnキーを押しながら代用キーを使用することが出来ます。


Magic Mouse 2Magic Trackpad 2とも比べてみました。

HHKB-BTがMagic Keyboard並に小さいため、Magic Keyboardを入れ替えて使用しても作業上問題はないと思います。


OS XとBluetoothペアリングする場合、電源ボタンを長押し(2秒以上)して、システム環境設定>BluettoohからHHKB-BTを選択します。

ペアリング番号が表示されたら、その番号をHHKB Professional BTから入力し、Enterキーを押してペアリングを確立します。


続いて「キーボード設定アシスタント」が表示され、キーボードの認識が行われます。

日本語配列モデル かな無刻印の場合、左のシフトキー横のキー認識の次に表示される「右 Shift キーの左隣のキー」を押すというガイドが表示されたとき、そのままだと「上矢印キー」を押すと認識されません。

キーのレイアウト上、通常「ろ」と「shift」キーの下にあるはずの矢印上キーが間に挟まっているためで、HHKB-BTの日本語配列の場合、1つ飛ばした「\」キーを押す必要があります。


iPhone/iPadなどのiOSとBluetoothペアリングする場合、電源ボタンを長押し(2秒以上)して、設定>BluettoohからHHKB-BTを選択します。

iOSで使用する場合、日本語配列モデル かな無刻印は英語キーボードとして認識されます。

また、Fnキーを押しながらキー利用の場合、最上段列の左右の端以外のキーは無効になります。


Bluetoothキーボードのため、Apple TV (4th generation)などのBluetoothキーボードとしても使用することが出来ます。

tvOS 2.2以降の場合、設定>リモコンとデバイス>その他のデバイス>Bluetoothを選択し、HHKB-BTを登録します。


iPad Pro (12.9-inch)で、HHKB-BTを使用してみました。

12.9インチiPad Pro用Smart Keyboardと比べて横幅があるため、iPad Pro (12.9-inch)の幅より少しはみ出ます。

しかし、キーの打ちやすさは格別で、長文入力を行う場合は、HHKB-BTの方が効率が上がると思います。


iPhone Lightning Dockに接続したiPhone 6sで、HHKB-BTを使用してみました。

iPhone 6sをフォトスタンドモードで使用する場合、HHKB-BTの高さで下が被る可能性がありますが、スタンドで縦使用にすれば、下が被ることなく使用出来ると思います。


iMac Retina 5Kディスプレイモデルで、HHKB-BTを使用してみました。

Magic Keyboardとの入れ替えで使用することになりますが、キーボードの打ちやすさに慣れると、Magic Keyboardに戻れなくなると思います。


OS X環境で日本語配列モデル かな無刻印を使用する場合、キーの「Kana」は「Command」キーとして動作します。

「英数」キーは、スペースキーの左隣にある特殊デザインキー、「カナ/かな」キーは、スペースキーの右隣にある特殊デザインキーを押すと同じ動作となります。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する