[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s Plus

[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s Plus

トリニティのiPhone 6 Plus・iPhone 6s Plus用手帳型ケース「[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s Plus」を試してみました。

Simplism独自のPremium Skinを使用し、右開き仕様の手帳型ケースです。

iPhone 6s・iPhone 6用の「[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s」も販売されています。


[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s Plus

[Journal] Simplism Thin Flip Case for iPhone 6s Plus

一般的な手帳型ケースとは違い、iPhoneを固定するためのプラスチックホルダーは無く、PUレザーで出来ているホルダー部分の下側が平ゴムで延びるように出来ています。

この平ゴムが収縮することで、iPhoneをしっかりと固定することが出来るようになっています。


先にも書いたように、このケースは右開き仕様のため、右手持ちする場合、フタを持って開くことになります。

この状態だと左手で操作することになります。


左開きの場合だと、フタを開いて画面操作することが出来ますが、フタを裏側に折り曲げて使用しようとする場合、フタを右手で掴むのが難しいです。

右開きの場合の場合は、右手でフタを起こして裏側に回して持つことは容易です。


このケースは、フタを必ず裏側に回しつつ、その動作が右手だけで完結することを望んでいるユーザー向け製品だと思います。

ケースの生地に合わせたハンドストラップを付属していて、一般的なストラップよりもループを大きく出来ているので、ストラップしたまま操作しやすくなっています。


iSightカメラ用の穴は結構タイトな作りで、iPhone 6s Plusの場合、LEDフラッシュライトにぎり掛からないぐらいの感じでした。

装着具合によっては、カメラ穴がLEDフラッシュにかかる可能性もあるため、もう少し穴を大きく空けてくれた方が良いかもです。


底面側は、3.5 mmヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、内蔵スピーカー、マイクロフォン用の穴が空けられていて、それら意外は、ホルダーで覆われています。

使用されているPUレザーが非常に薄いため、コネクタが太いLightningケーブルや、3.5 mmヘッドフォンジャックでも問題なく使用できます。


このケースは、背面側の中央端とフタ側の中央端に、金属とマグネットが入っていて、その磁力によってフタが閉まるようになっています。

直接ケースの端と端が触れることはないので、フラップ無しなのにちゃんと閉めることが可能になっています。


パッケージ上部のフックは、単なる店頭でパッケージを提げるためのフックではなく、イヤフォンケーブルをまとめるケーブルマネージメントとして再利用できるよう作られています。

パッケージから中身の製品を取り出した後も、捨てることなく外して使えるというのは、Simplismブランドの定番アイデアです。




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する