DNSB-40449

DNSB-40449

上海問屋が販売する自転車用防滴スマホケース「DNSB-40449」を試してみました。

購入したのはMサイズ(145×85×30mm)です。

使っている自転車は、イオンバイクの「グラディオーロ シティサイクル 27型 18段変速」で、これにiPhone 5sを装着してIngressを効率よく回る目的で購入しました。

また、バッテリーも入れたかったので、防滴タイプのケースを選びました。


DNSB-40449

DNSB-40449

ハンドルマウントは、付属するゴム素材をハンドルに巻き、その上から挟んでネジで締めるだけで装着することが出来ます。

ケースとマウント部分の接合は、カチっと音がするまではめるのですが、かなりの力が必要です。

マウントする前にはめた時は、はめることが出来ないほど固いのです。

ただ、これだけ固くないと、ちょっとしたショックで外れてしまうかもしれません。


DNSB-40449

DNSB-40449

iPhone 5sを入れる場合、付属する厚さ1cmのクッション材を入れて使用します。

納まりは良く、これだけ厚みのあるクッション材が入っていれば、前輪から伝わる衝撃が、iPhone 5sに直接伝わる率も低減出来そうです。


DNSB-40449

DNSB-40449

DNSB-40449にiPhone 5sを入れ、Ingressを起動してみました。

昼間でも視認性は高く、夜ならばっちりポータル位置を確認することが出来ます。

透明ビニールがiPhone 5sの液晶面に触れても、問題なく操作出来ます。


一緒に入れるLightningコネクタ対応バッテリーとして、以前紹介した、オーセラスジャパンの「PowerSkin pop'n」がベストだと思います。

PowerSkin pop'nとiPhone 5sを一緒に入れる場合は、付属する厚さ2mmのクッション材を入れて使用します。


PowerSkin pop'nとiPhone 5sを一緒に入れた状態を正面から見てみると、ちゃんと収まっていて、液晶面が隠れていないことが確認出来ます。

バッテリーの電源を入れるためには、一旦ケースから取り出す必要がありますが、このPowerSkin pop'nだと、iPhone 5s用ケースを装着していても、背面に吸着して使用することが出来るため、自転車から一時的に離れる場合、かさばらないというメリットもあります。


次に、フォーカルポイントが販売する、mophieのストレージ内蔵バッテリーケース「mophie space pack For iPhone 5s/5 Storage Battery Case」にiPhone 5sを装着して入れてみました。

PowerSkin pop'nとの組み合わせと比べた場合、結構きつめですが、操作上問題になることはありませんでした。


関連エントリー
Ingress LEVEL 8 に成りました
Ingressのグリフハックを練習することが出来るアプリ「Glyph Mastery」を試す
Ingressポータルのリンク可能距離を地図上に表示してくれる「LinkCalc for Ingress」を試す
Ingress Intel マップを見やすくする「Ingress Intel Total Conversion」を試す(Chrome/Firefox用)
Googleの位置情報を元にした拡張現実陣地取りゲームアプリのiOS版「Ingress」を試す
米XPAL Powerの24個の吸盤でiPhone 5に吸着して使用するLightningコネクタ対応バッテリー「PowerSkin PoPn」を試す
mophieのストレージ内蔵バッテリーケース「mophie space pack for iPhone」をチェック



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する