ibattz Mojo Aqua S

ibattz Mojo Aqua S

ハンズインターナショナルが、Touch IDに対応したIP68準拠の、iBattz製防水型バッテリーケース「ibattz Mojo Aqua S」を販売開始したので試してみました。

iBattzバッテリーケースのコアとなる「ibattz Mojo Refuel」も利用でき、防水・防塵・耐衝撃で最上位グレードの国際規格IP68に準拠したケースとしても使用することが出来る製品です。


ibattz Mojo Refuel

ibattz Mojo Refuel

ibattz Mojo Refuelとして使用するには、バッテリーユニットをiPhone 5s/5に接続し、その上からバンパーを装着して使用します。

バッテリー容量は2200mAhで、iPhone本体内蔵バッテリーのおよそ1.5倍の容量となっています。

なお、このバンパーは、簡単には外れず、側面角にある溝から開ける必要があります。


このRefuelは、背面のフタをスライドさせて開け、バッテリーを交換することが可能です。

別売のUSBチャージャー付バッテリーキット「ibattz I9300 USB Charger Kit」を使用し、スペアバッテリを交換することで、無充電での継続使用が可能となっています。


ibattz Mojo Aqua Sとして使用するには、iPhone 5s/5にバッテリーユニットを接続し、表面にAqua Sスキンを装着します。

Refuel状態までとは言えませんが、この状態でも、iPhone 5s/5の操作を行うことが可能です。


ibattz Mojo Aqua S

ibattz Mojo Aqua S

さらにラバーボディを被せ、Aqua Sスキンの溝にラバーボディをしっかりとはめ込みします。

以前のモデルibattz Mojo Aquaと違い、Touch IDに対応し、フロントスクリーンの上下幅を広げた事で、コントロールセンターのスワイプ操作が可能となりました。


付属するmicroUSBケーブルを使用して、MacのiTunesとの同期や充電も行う事が可能です。

また、付属するヘッドフォンアダプタを使用することで、あらゆるヘッドフォンを利用する事も可能となっています。


防水性能としては3メートルまでなので、プールや海などで、立って手を伸ばした状態程度であれば使用出来ます。

なお、水中では、ホームボタン以外の操作は出来ないため、カメラを使用する場合などは、スリープ機能をオフにして、予めカメラアプリを起動しておくなどの準備が必要です。




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する