Klipsch Image X7i

Klipsch Image X7i

イーフロンティアが販売する、クリプシュ製バランスド・アーマチュアドライバ搭載カナル型ヘッドホン「Klipsch Image X7i」をチェックしてみました。

ハイエンドモデル「Klipsch Image X10i」が、酸化皮膜処理が施されたアルミニウム製ボディなのに対して、セラミック製ハウジングを採用したモデルです。


Klipsch Image X10i同様に、iPhone 5の電話着信時の応答/電話終話時の切断、iPodの楽曲コントロールが手元のリモコンにて操作することが可能な3ボタン式リモコン付きとなっています。

リモコンの裏側にマイクが内蔵されていて、Klipsch Image X7iを装着したまま通話も可能です。


付属品として、航空機室内用アダプタ、キャリングポーチ、取り外し可能なクリップが付属します。

このクリップは、Klipsch Image X7iの平型ケーブル専用にデザインされています。


新しく採用された平型ケーブルによって耐久性が増し、かつ絡まり辛くなっています。

イヤホンを選ぶ時のポイントとして、ケーブルを服にこすってノイズが発生するかどうかを確認するというのがあります。

AppleのApple EarPods with Remote and Micはここが改善されているのですが、Klipsch Image X7iもノイズは発生しませんでした。


さっそくiPhone 5に装着してみました。

iPhone 5では、iPod touch式にヘッドフォンジャックが下側に変更されたため、Klipsch Image X7iのヘッドフォン端子部分が結構出っ張ります。

iPhone 4S/4では気にならないかもしませんが、衝撃が加わった場合どうなるかちょっと不安です。


Klipsch Image X7iを耳に装着してみました。

こうして見ると、耳の穴にすっぽりと納まり、ボディ部分が耳の形状に沿う形で自然に装着出来ている事が分かります。

ボディ部分が大きく耳に痛みを感じる事がある人でも、長時間使用出来ると思います。

シングル・バランスド・アーマチュア方式でありながら、高解像度でダイナミックなサウンドだと思います。


標準で装着されている物を含めて、サイズ違いのイヤーチップ「Ear Gels」が5種類付属します。

このEar Gelsには向きがあり、ヘッドフォン部分にある白い部分と、Ear Gels内の飛び出た部分を合わせるように装着します。


また、Ear Gelsの最大サイズ(シングルフランジ or ダブルフランジ)を使用した場合、他のサイズのEar Gelsを使用した場合と比べて低音が増します。

これは、フランジ部分がコーンの役割を果たすためだと考えられ、ちょっと低音が足りないなと感じた場合は、大きいサイズのEar Gelsを装着してみる事をお薦めします。


関連エントリー:AUGM東京:イーフロンティア、お絵描きツール「ArtRage 3」やiPhone対応イヤフォン「Image X10i」などを紹介



PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する