2018年09月21日(金)

Apple Watch Series 4 をチェック

Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4

Appleが発表した新型Apple Watch「Apple Watch Series 4」をチェックしました。

これまで、Apple WatchケースとApple Watchバンドは、装着された状態でパッケージ化されていましたが、Apple Watch Series 4から、Apple Watchケースだけの箱と、単品販売と同じ箱に入ったApple Watchバンドをセットにし、それを外装パッケージで包んだ方式に変わりました。


Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4

これは、様々な組み合わせでパッケージする上で、バンドだけ変えることでセットを変えられることになり、かなり合理化されたことが分ります。

また、バンドを接続するという体験も得られます。

ケースは、東レ製スエード調人造皮革「エクセーヌ」(アルカンターラ)で出来たポーチに入れられています。


Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4

Jony Ive CDOは、Apple Watch Series 4のデザインについて、複数メディアでインタビューを受けていて、画面の縁にある外枠を無くしたことで、ケースとシームレスに統合し、画面表示面積が30%広くなったと語っています。

ディスプレイとケースとの繋目は滑らかで、Apple Watch Series 3とは別物だと思います。


Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

上部のラグレールを接写してみると、Apple Watch Series 2まで、マイクの横にあったエアベントが、Apple Watch Series 3では、底面ラグラインの中の左中央に移動しましたが、Apple Watch Series 4では、頭部側のラグラインの中の左端に移動しています。

今回、スピーカーが縦並びから横並びになり、しかも長くなったので、それが影響しているのかもしれません。


Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

Digital Crownは心電図計測するために導電性にする必要があり、そのため頭頂部が金属に変わり、端に赤いラインを入れたデザインに変わっています。

Digital Crown自体が少し小さくなり、ピニオンの形も変わっています。

マイクが、Digital Crown下に移動しています。


Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

スピーカーは、Apple Watch Series 3まで縦列配置だったのが、横列配置に変わり、しかも長くなっています。

これによりステレオ感が増しています。

マイクが反対側に移動したことで、ハウリングも低減しています。


Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

ラグ部分は「Creating Bands for Apple Watch」で定められているデザインガイドラインが継承されているため、これまでのApple Watchバンドは、38mmは40mmで、42mmは44mmで継続使用で来ます。

そのラグ部分を横から見てみると、Apple Watch Series 4は少し下に倒れていることが確認できます。


光学式心拍センサー

光学式心拍センサー

Apple Watchの光学式心拍センサーは、緑色 LED ライトを2個、感光性フォトダイオードを2個で構成されていて、Apple Watch Series 4では、それが1個になったように見えます。

マクロ接写で見たところ、超小型された緑色 LED ライトと感光性フォトダイオードが2個ずつ入っていることが確認出来ました。

また、光学式心拍センサーの回りに電気心拍センサーも配置されています。


Apple Watch Series 3/Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 3/Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 3/42mmとApple Watch Series 4/44mmの両方を腕につけてみました。

縦1.4mm、横1.5mm、厚さマイナス0.7mmの差ですが、画面領域が約30%以上拡大したことで、寸法上より大きく見えます。


Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4

第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイから感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイに変わり、明らかに色再現度レベルが向上しています。

Ive CDOは、可能な限り劇的に進化させたと説明していますが、それは間違いないと思います。


写真:#アップルノート


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する