AUGM大分2016において、ユニティが、モバイルゲーム開発のデファクトスタンダードと認識されるようになり、最近は、Unityを紹介してもらえなくなってきたが、Unityの作品事例として小学生作品や、学生開発作品などを紹介し、驚くような発想のゲームが一杯あると紹介していました。


主婦がUnityを開発した作品が話題になり、主婦がゲーム開発会社に就職したといったことも起きているそうです。


3日で作ったゲームとして、バンダイナムコが素材提供した作品として、ゼビウスとパックマンとを融合させたゲームを開発したと紹介していました。


Unity県人会議としてユーザー主体の会をバックアップしているそうで、全国イベントマップやイベント一覧から、気になるイベントをチェック出来るそうです。

大分にもコミュニティがあり、実際に開発に関するセミナーなども開催されているそうです。


会場のUnity展示ブースでVRデモ用に使っていたiPhoneを、隣のブースのcheeroが落として割ってしまい、液晶画面がバリバリになっていました。

速攻、アップル製品修理サービス「カメラのキタムラ大分・アミュプラザおおいた店」に持ち込まれ、AppleCare+の権利を1回消費しての交換となり、直ぐに新品になりました。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する