AUGM大分2016において、日本マイクロソフトが、Office 2016 for MacOffice 365 Soloを紹介しました。

現在の理念として、どのデバイスでもOfficeを使えるようにするというのがあるそうです。


Office 2016 for Macは、Retinaディスプレイ対応、クラウド対応に加え、Office for iPhoneOffice for iPadも提供しているそうです。


PowerPoint 2016 for Macを例にして、共有機能を使用すると、Mac、iPhone、iPadで共有編集またはプレビューすることが出来ると紹介していました。


Excel 2016 for Macのお薦めグラフ機能を利用すると、どういったグラフを作れば良いのかを自動判断してグラフを作成してくれるそうです。


Word 2016 for Macを使い、スマート検索機能を利用すると、ドキュメント内にインターネット上から検索した結果を表示することができると紹介していました。


Office for iPadを紹介し、Office Mobile全般でユーザーインターフェースを統一しており、iPadだけでなく、スマートデバイス全般で同じ操作方法だと紹介していました。


Office 365ユーザーだけが利用出来る機能として、PowerPointで「変形」と「デザイナー」機能があり、これが、PowerPoint 2016 for Macにも追加される予定だと説明していました。


Office for iPadでは画面サイズ制限があり、10.1インチ以上の場合は、Office 365有償アカウントが必要だと説明していました。


OneDriveのクラウド利用として、カメラロール連携した場合、新しい写真が自動的にアップロードされるが、同期ではないので、カメラロール内の写真を削除しても、OneDrive上の写真は残ったままになると紹介していました。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する