Timeline 3D

Timeline 3D

今年のApple Design Awards 2008の「Best Mac OS X Leopard Application」に入選した、Bee Documents, Inc.の「Bee Docs’ Timeline 3D Edition」が、超Coolな年表を作成出来ると知り、さっそく試してみました。


最初の画面

最初の画面

最初に、背景と、手動で作成するか、アドレスブック、iCalからなどから流し込みをするか聞かれます。今回は、手動なのでBlank Timelineを選択します。


作成画面

作成画面

ある項目に関する年表を作成するために、フリー百科事典「ウィキペディア」(Wikipedia)を使った作成方法が紹介されていたので、これを例にして、プジョー3シリーズに関する年表を作ってみました。

データの入力は、Addボタンを押し、Event Labelの項目に、タイトル、年、画像、ノートなどの項目に、ウィキペディアからコピー&ペーストしてゆくだけで、自動的にレイアウトがされます。


3D Full Screen

3D Full Screen

メニューのViewで「3D Full Screen」を選択し、そこでスペースバーを押すと、3D表示されます。これがカッコよいです。

レジストレーションすると、この3D表示の状態を、QuickTimeやKeynoteなどに書き出しすることが可能になるようです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する