Safari 11:バリアブルフォント

Safari 11:バリアブルフォント

macOS High Sierra 10.13、iOS 11.0に標準搭載され、macOS Sierra 10.12.6、macOS 10.11.6向けにも提供されている「Safari 11」で、テキスト機能として「Variable fonts」(バリアブルフォント)がサポートされています。


ATypI Warsaw 2016

ATypI Warsaw 2016

2016年9月にポーランドのワルシャワで開催された「ATypI Warsaw 2016」で、Apple、Adobe、Microsoft、Googleが共同で開発を進めてきた「ひとつのファイルでありながら複数のフォントのように動作する」フォント技術で、OpenType 1.8の仕様で定義されています。


SFNSDisplay.ttf

SFNSDisplay.ttf

Appleの「TrueType GX」、Adobeの「Multiple Master Font」という2つの旧技術が元になっているようです。

macOS Sierra からシステムフォントとして搭載されている「SFNSDisplay.ttf」がバリアブルフォント仕様となっています。


FontView

FontView

FontViewアプリ(controlキーを押しながらクリックして開く必要あり)を使用して、同フォントを開くと可変表示することができます。

Microsoftは、Windows 10 Insider Preview Build 16273にVariable fonts「Bahnschrift font」を初めて提供しています。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する