レスポンシブ・デザイン・モード

レスポンシブ・デザイン・モード

OS X El CapitanとOS X Yosemiteの「Safari 9.0」の開発者メニューに「レスポンシブ・デザイン・モード」が追加されています。

他社製インターネットブラウザーでは、2012年のFirefox15から、2014年のGoogle Chrome 38からすでに搭載されていた機能になります。


レスポンシブ・デザイン・モード

レスポンシブ・デザイン・モード

これまでも、ユーザーエージェントをデバイス変更することで表示を切り替えることは可能でしたが、非常に手間がかかる作業でした。

Safari 9.0のレスポンシブ・デザイン・モードでは、iPhone、iPad、Macの解像度画面サイズなどをクリックするだけで変更することが可能(リロード必要)で、Retinaディスプレイもシミュレートすることが出来ます。


メニューバーに"開発"を表示

メニューバーに"開発"を表示

Safari 9.0で「開発」メニューを表示するには、Safariの環境設定>詳細の一番下にある「メニューバーに"開発"を表示」にチェックをいれます。

なお、このレスポンシブ・デザイン・モードは、OS X Mavericksでは表示されません。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する