TF International Securities

TF International Securities

Appleisiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは2022年前半に新しい5Gt対応の「iPhone SE (3rd generation)」をリリースし、その後、画面内指紋認証のTouch IDを搭載し、価格を下げたフラッグシップモデルの「iPhone 14」を発表するだろうと予測していると伝えています。


2021年に発売されるiPhone 13は、性能向上に加えて、アメリカがファーウェイの使用を禁止したことによる市場シェアの拡大によって強化される可能性があると述べています。ただし、具体的な新機能については言及していません。

一方、2022年には、アップルは上半期に「iPhone SE」の新製品を発売するとクオ氏は予測しています。このデバイスは、現行のiPhone SEと同じフォームファクタを採用しますが、5GのサポートとアップグレードされたAシリーズチップが追加されます。同氏はまた、このデバイスが "史上最も安価な5G iPhoneモデル "になると予想しています。

さらにMing-Chi Kuo氏は、Appleは2022年後半にハイエンドとローエンドの2つのiPhoneモデルをリリースすると予測していて、標準サイズのモデルはいずれも6.1インチのディスプレイを搭載し、Max端末はいずれも6.7インチのディスプレイを搭載すると予想しています。

Kuo氏は、小型のiPhoneについては言及していませんが、これはAppleの5.4インチのiPhone miniシリーズが終了することを示唆しているのかもしれません。

これらのデバイスは、Apple独自の技術を用いたディスプレイ下の指紋認証リーダーや、48メガピクセルにアップグレードされたワイドカメラなどの成長要因の恩恵を受ける可能性があり、少なくとも1つの大型iPhoneモデルの価格を900ドル以下の範囲に引き下げる可能性があると考えているそうです。

2021年から2023年にかけて、iPhoneはスマートフォンブランドの中で最も成長の見通しが良いと考えていて、Appleのエコシステムの優位性と、買い替え需要を促進する可能性のある今後の製品戦略によるものだと考えているそうです。

サプライヤーに関しては、Luxshare ICTが2021年からiPhoneの組み立てと出荷を開始し、同社のiPhone関連事業が2021年から2023年にかけて大きく成長すると予想しているそうです。

Kuo氏は、iPhoneの出荷台数が2021年には2億3,000万〜2億4,000万台、2022年には2億5,000万〜2億6,000万台に達すると予想しています。


関連エントリー
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載した折りたたみ式iPhoneを2023年中に発売?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2022年に4,800万画素カメラを搭載したiPhoneを発売する計画?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの3年計画を予想


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する