TF International Securities

TF International Securities

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは、2022年にiPhoneのカメラの大幅なアップグレードを計画していて、フラッグシップモデルの広角カメラモジュールとして、1/1.3インチの4800万画素CMOSセンサーが採用されると予測していると伝えています。

4800万画素CMOSセンサーと1200万画素CMOSセンサー(4セル合成出力モード)の同時出力に対応する可能性があると考えているそうです。


1200万画素CMOSセンサーの画素サイズは約2.5umに増加し、iPhone 12およびiPhone 13よりも大幅に大きく、既存のAndroidスマホよりも大きく、DSCレベルに近いようです。

4800万画素CMOSセンサーの画素サイズは約1.25umになり、iPhone 12の画素サイズ1.7um、iPhone 13の画素サイズ2umと比べて微細化が進むようです。

この高解像度のセンサーは、iPhoneの現行の4K制限を大幅に上回る8Kビデオ撮影に対応すると予想され、AR/VR撮影にこのセンサーが役立つと考えているそうです。

既存のサプライヤーであるソニーが今後のセンサーを製造し、LGがコンパクトカメラモジュール(CCM)を担当すると考えられるそうで、Appleは、4800万画素CMOSセンサーへの移行に伴い、カメラモジュール1つあたりのコストが増加すると予想されるそうです。

CCMのキャリブレーションは、チルト制御に加えて、センサーの表面積が増えるため、現行のiPhoneモデルよりも複雑になると考えられるそうです。

Appleは、2022年にiPhone miniのラインを廃止し、ベースモデルと「Pro」シリーズの6.1インチと6.7インチのバリエーションのみを提供する可能性があると考えているそうです。


関連エントリー:TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの3年計画を予想


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する