TF International Securities

TF International Securities

Appleisiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone製品の3年計画の一環として、Appleは「iPhone 13」にProMotionと改良されたカメラを採用するが、新しいiPhone SEは2022年まで来ないだろうし、折りたたみ式のiPhoneは2023年まで期待されていないと予想していると伝えています。


iPhone 13はiPhone 12の改良型モデルで、同じ画面サイズで4製品ラインアップになり、クアルコムのX60M 5Gベースバンドチップが採用されると考えているそうです。

Proモデルの超広角カメラは、ƒ/2.4絞り値の5枚構成レンズが、ƒ/1.8絞り値の6枚構成レンズに変わり、全てのiPhone 13のディスプレイは、Apple Watchで採用されているLTPOディスプレイ技術を採用し、リフレッシュレート120Hz対応のProMotionテクノロジーも採用されるだろうと考えているそうです。


iPhone 14は、2022年に向けて、主要なiPhoneシリーズはノッチを廃止し、Android端末が採用するディスプレイのインカメラ部分にだけ穴をあけたパンチホール型ディスプレイを採用すると予想しているそうです。

生産の歩留まり次第では、全モデルにパンチホールコンセプトが採用される可能性があり、また、フロントカメラシステムは、初めてオートフォーカスを搭載するようにアップグレードされる可能性があると考えているそうです。


iPhone SE (3rd generation)は、iPhone SE (2nd generation)の4.7インチ画面を継続採用しつつ、プロセッサのアップデートと5Gサポートが追加されると考えているそうです。


折り畳み式iPhoneについては、Appleが2021年に、生産上の技術的問題を解決することができると予測しており、2年後には7.5から8インチの折りたたみ式iPhoneを発売するかもしれないと考えているそうです。


2023年発売を目指すiPhone 15は、iPhone 11からの乗換を意識した6インチディスプレイを採用した新機種が追加され、Face IDをサポートした600ドル〜となる可能性があると考えているそうです。

フラグシップモデルiPhoneは、ディスプレイ内指紋センサー、ペリスコープ望遠レンズを採用したカメラ、パンチホールやノッチのない本物のフルスクリーンデザインディスプレイが搭載されるかもしれないと予想しているそうです。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する