TF International Securities

TF International Securities

Appleisiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleのペリスコープ構造レンズの開発は2022年発売に向けて順調に進んでおり、新しいサプライヤがレンズと対応するボイスコイルモーター部品の注文を満たすと予想していると伝えています。

韓国サムスン電子傘下のサムスン電機と中国の光学レンズ及び光学機器メーカーSunny Optical Technologyが新しく加わる可能性があり、

サムスン電機は2020年に、6P-6素子レンズアレイとボール型VCM技術でiPhoneのサプライチェーンに参入すると予想されており、後者はオートフォーカスと手ぶれ補正機能に利用されています。

VCMの設計は、既存のiPhoneやiPadのモデルで使用されているスプリングタイプのモーターに取って代わるものであり、同社は2021年に6P/7Pまたは5P/6Pレンズ部品を供給し、現在のサプライヤーであるLarganとGeniusから注文を奪う可能性があると考えているそうです。

Sunny Optical Technologyは、2020年の第4四半期にAppleの品質評価に合格することを目指していて、同社がテクノロジージャイアントの高い基準を満たすことができれば、2021年前半には一部のMac用レンズだけでなく、iPad用の5Pレンズの大量出荷を開始する可能性が高いと考えているそうです。


関連エントリー:TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 12のカメラの一つに7枚構成レンズを搭載する予定?


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する