經濟日報

經濟日報

経済日報が、MacBook Airの後継モデルとされるMacBook (13-inch, 2018)は、
当初、10nmプロセスルールによる「Cannon Lake」プロセッサを採用する予定だったが、歩留まりが悪く大きなチップの製造が難しい為計画を変更し、第8世代Intel Coreプロセッサのひとつである「Kaby Lake Refresh」プロセッサを採用し、2018年中に発売されるようだと伝えています。


Kaby Lake Refreshは、AMDの「Ryzen Mobile」に対抗するため、従来のUシリーズ用の42×24mm FCBGA 1356パッケージに載せ直した形で製品化され、4コア/8スレッドを実現してはいますが、eDRAMを搭載したSKUは存在しないためグラフィック性能は落ちている仕様のようです。


Core i7 8650U/1.90GHz(Turbo 4.20GHz)/Intel UHD 620
Core i7 8550U/1.80GHz(Turbo 4.00GHz)/Intel UHD 620
Core i5 8350U/1.70GHz(Turbo 3.60GHz)/Intel UHD 620
Core i5 8250U/1.60GHz(Turbo 3.40GHz)/Intel UHD 620


関連エントリー
DigiTimes:Apple、次期MacBook Airの発売を2018年下半期に延期?
DigiTimes:Apple、2018年第2四半期に新しいMacBookとiPadを発売する?
工商時報:Apple、2018年後半にMacBook (13-inch)モデルを発売?


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する