iPad Pro image

iPad Pro image

サプライヤーからの情報として、狭額縁仕様となり、筐体サイズが少し小さくなる可能性がある次期iPad Pro (10.5-inch) (2nd generation)は、高さ247.5mm、幅178.7mm、厚み6mmとなり、同じくiPad Pro (12.9-inch) (3rd generation)は、高さ280mm、幅215mm、厚み6.4mmのサイズとなるようだと話しています。

また、エッジ部分のダイヤモンドカット加工が、前面だけでなく背面にも施され、iPhone SEを巨大化したようなデザインになるようです。

頭頂部と背面上部に装備されているマイクは、頭頂部のマイクが2個になりステレオマイク仕様になるようです。


Alibaba iPad Pro (12.9-inch) illustration

Alibaba iPad Pro (12.9-inch) illustration

次期iPad Proから、3.5mmヘッドフォンジャックが無くなるようですが、iPadシリーズはiPhoneとは異なり、EarPodsが同梱されないため、Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタも同梱されないようです。

Touch IDに変わり、Face IDが搭載されることにより、本体を横にしてのロック解除が実現出来ないためか、これまで側面に装備されていたSmart Connectorの位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動しています。


FULL ACTIVE Display

FULL ACTIVE Display

この事から、次期iPad Pro用のSmart Keyboardは縦位置で仕様する方式に変更される可能性が出ています。

次期iPhone 6.1 LCDモデルは、ジャパンディスプレイの第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した、4辺狭額縁を実現する「FULL ACTIVE」ディスプレイを採用しているようですが、非常に高い精度の生産を要求されている状況で、7月から量産を開始したところ、完品率1%というあまりにも難しい状況に直面しており、関係者は、早くて2018年11月末出荷になるのではないかと予想しているようです。


Based on the information from the supplier, the specifications for the frame of iPad Pro (10.5-inch) (2nd generation) can be reduced to become 247.5mm (H) x 178.7mm (W) x 6mm (T). Likewise for iPad Pro (12.9-inch) (3rd generation), it was discussed that the dimensions can be 280mm (H) x 215mm (W) x 6.4mm (T).

In addition, for the edge section, it can be processed with a diamond cut for both the front and back sides so the design for the iPhone SE can become bigger.

The microphone at the top of the head, and the upper part of the back joins together to create stereo microphone specifications with 2 microphones at the top of the head. The requirement for a 3.5 mm headphone jack disappears.

Face ID is installed - therefore it is impossible to release the lock with the main unit turned sideways, or when the position of the Smart Connector (previously located on the side) has been moved to the lower rear side - close to the Lightning connector.

For this reason, the next iPad Pro Smart Keyboard may be changed to vertical position specifications.

The next iPhone 6.1 LCD model adopts the "FULL ACTIVE" display which has a four-sided narrow frame, and the 3rd generation "Japan Pixel Eyes" touch sensor system of Japan Display. However, very high precision production is required. When mass production started in July, we are faced with a difficult situation of 1% complete rate, and the parties concerned expected that it would be shipped by November 2018 at the earliest.


関連エントリー
TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPad Proには11インチモデルが発売される?Macに関してはCPUアップデートと予測
TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年にFace ID付iPad Pro、低価格MacBook Air、Apple Watch Series 4が発売されると予測
工商時報:GISとTPK、iPhone 6.1インチ液晶用タッチパネルを受注?
DigiTimes:次期iPhoneの試作は2018年第2四半期から製造開始?
Bloomberg:Apple、次期iPad Proは年末発売?
WSJ:Apple、ジャパンディスプレイのFULL ACTIVEディスプレイに関心を示す


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する