Appleinsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、次期iPhone 6.1インチ液晶モデルは、より軽く、耐久性のあるガラスが採用されると予想していると伝えています。

また、以前、3D Touchが非搭載になると予想した理由についても触れ、表面ガラスの外側に設置する「カバーガラスセンサー」(CGS)技術を採用するため、23〜26ドルコストが増すため、それを相殺するためだと分析しているそうです。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhone 6.1インチ液晶モデルはデュアルSIM仕様で550ドルより販売される?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年発売のiPhone 6.1 LCDモデルは、iSightカメラはシングルで3D Touch非搭載?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年発売のiPhoneに6.5インチOLEDと6.1インチ液晶の2モデルが追加される?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年発売のiPhone Xはデータ通信性能を改善した新しい筐体を採用する?


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する