経済日報より

経済日報より

経済日報が、Appleは、2018年6月に開催されるWWDC2018において、Face IDを搭載したiPad Pro (12.9-inch)のアップグレードモデルと、新しい iPad Pro (11-inch) を発表する可能性があると伝えています。

従来通りFoxconnが組立を行い、シャープLG Displayからディスプレイ供給を、Radiant Opto-Electronicsからバックライトモジュール供給を受け、O-filmTPK Holdingよりも優れているGeneral Interface Solutionは、タッチパネルの約70%分受注を獲得するようです。

また、TSMCが7nmプロセスにて製造する8コアチップ「A11X」を採用すると予想しているそうです。


関連エントリー
経済日報:Apple、4つの製品に低価格品投入か?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPad ProはFace IDを搭載する?


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する