Shapeways

Shapeways

ニューヨークを拠点にする3Dプリンタで作る製品のマーケットプレイス「Shapeways」で、VenyaGeskin1が、次期iPhoneを3Dプリントで作ったモック「iPhone 6.5 OLED (2018)」と「iPhone 6.1 LCD (2018)」が販売されていたので購入してみました。


Shapeways

Shapeways

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が予想している、iPhone 6.5 OLED (2018) 、iPhone 6.1 LCD (2018) の情報を元に、iPhone Xベースに画面比率に合わせて予想して作られた3Dプリントのモックです。

厚さやiSight Duoカメラサイズは、iPhone Xのサイズと同じに作られていて、TrueDepthカメラ部分は比率から予測されたサイズとなっています。


iPhone 6.1 LCD (2018)

iPhone 6.1 LCD (2018)

6.1インチ液晶ディスプレイが採用されと噂される iPhone 6.1 LCD (2018) は、iPhone 8 Plusより気持ち小さいサイズです。

左手で握った場合、人差し指でサイドボタンは操作できますが、TrueDepthカメラの右側に親指が届かない感じです。


iPhone 6.5 OLED (2018)

iPhone 6.5 OLED (2018)

6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイが採用されと噂される iPhone 6.5 OLED (2018) は、iPhone 8 PlusにiPhone 8 Plus / 7 Plusシリコーンケースを装着した状態に近いサイズです。

左手で握った場合、人差し指でサイドボタンは操作できますが、TrueDepthカメラの左右に親指がまったく届かない感じです。


Shapeways

Shapeways

iPhone 6.5 OLED (2018) 、iPhone 6.1 LCD (2018)、iPhone Xの角を合わせて重ねてみました。

それぞれTrueDepthカメラ分長くなっていることが分かります。

対格インチサイズ数値だけでは想像し辛いことが、3Dプリントすることで実サイズ想像が出来る感じです。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する