中央社が、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、2018年に発売されるiPhone Xは2モデルとなり、現在の4つのステンレス金属パーツで構成されているのを、データー転送性能を改善するため、より多くのパーツで構成された筐体に変更されると伝えています。

iMac Proの筐体製造などを請負うCatcher Technologyが、新しいiPhoneの金属フレームと筐体組立て製造を受注し、Casetekは、引き続きメカニカルボタン製造を受注すると予想しているそうです。


KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2018年はFace IDが全面的に採用されると予測
etnews.com:2018年発売のiPhoneは有機ELディスプレイの5.85インチと6.46インチの2モデル?


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する