經濟日報が、Appleは、iPad mini Retinaを30%薄型化したiPad mini Airを2014年第三四半期末〜2014年第四四半期初旬に発売する可能性があると伝えています。

また、12.9インチ液晶の大きなiPadも発売する予定で、iPad mini Airの筐体は、ナノプロセス技術を用いて製造されることがポイントとなり、TSMCの工場で製造されるようです。

どちらもA8プロセッサを採用しているようです。

iPad mini RetinaはiPad miniと比べて0.3mm厚くなっていますが、30%薄くなるというのは、iPad (4th generation)とiPad Air並みの差が出るということになります。


関連エントリー
etnews.com:iPad Air 2は、APUとカメラ性能がアップデートされ、発売が少し早くなる?
iOS 7.1から、iPadにTouch IDが搭載される可能性がある記述が見つかる
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2014年後半に新製品ラッシュを行うと予測


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する