AppleInsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、噂されているiPhone 6の5.5インチ液晶モデルに関して、端の感度に関するインセルタッチ式パネルの問題に加えて、大きな筐体による色ムラ問題を抱えており、また、大きなサファイアガラスを採用することによって、同社の落下試験に合格することが簡単ではないこと考えているそうです。

これらの問題から、2015年に発売されと考えており、もし早く発売したとしても2014年11月中旬以降となるが、今年のクリスマスシーズンは、iPhone 6の4.7インチ液晶モデルのみになる可能性があると予測しているそうです。


KGI Securities(郭明錤)
関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iWatchの量産は11から開始される可能性があると予測
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 6 5.5インチ液晶モデルのみに光学手ブレ補正機能が搭載されていると予測
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2014年後半に新製品ラッシュを行うと予測
時報資訊:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、年明けにiPad出荷量が4割減となると予測
9to5Mac:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2014年は12インチMacBookや廉価版iMacが発表されると予測
9to5Mac:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2014年のiPhoneは4.5〜5インチ液晶を採用?


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する