2013年6月にロイターは、次期iPhoneは、4.7インチ液晶ディスプレイと5.7インチ液晶ディスプレイの2つの液晶ディスプレイを採用するのではないかと伝えていましたが、信頼出来る情報筋の話しから、この2つの液晶サイズが最終候補となっている可能性が高いと話しています。

これまで、高性能モデルであるiPhone 5sの進化版として、これらの大型液晶ディスプレイが採用されると考えられていましたが、どうやら、iPhone 5cのバリエーションモデルとして計画されている可能性が高いことが分かってきました。

大型画面モデルのiSightカメラ回りが、iPhone 5cに似ており、側面側にある音量調節ボタンや、底面側にある穴のデザインなどが酷似している事から予測しています。


4.7インチモデルは長さ14cm前後、幅7cm前後、5.7インチモデルは、長さ16cm前後、幅8cm前後で、どちらも厚さは7mmだと推測されます。

また、5.7インチ液晶ディスプレイモデルは、iSightカメラの処理が、iPod touch (5th generation)のような実装方法となり、筐体から少し飛び出しているようですが、その理由はわかりません。

裏面のR形状が表面にも採用され、iPod nano (7th generation)のように、側面全体がR形状をしたデザインを採用している可能性が高いようです。

このサイズで液晶ディスプレイを搭載するため、表面に採用されているガラスの端にRが付けられ、本体筐体にマッチする技術に挑戦しているようです。

ただ、これらは、まだ最終デザインとは言えず、iPad Airが、当初7mm厚で開発されていたにも関わらず、一旦破棄され、7.5mm厚となったことから、今後、新しいデザインに変わる可能性も出ています。

これらから、現行モデルを置き換えるのではなく、iPhone 5cモデルラインナップを拡充するのではないかと予測しています。


There will be a possibility of the high-end model of iPhone 5c series at next term iPhone of a large-scale screen.

It is spoken that the possibility of these two sizes of the liquid crystal are the final candidates is high from speaking sources of information that can trust it though Reuters were telling whether to be going to adopt two liquid crystal displays of 4.7-inch liquid crystal display and 5.7-inch liquid crystal display at next term iPhone in June, 2013.

It has been understood that the possibility to be planned as a variation model of iPhone 5c is apparently high though we thought these large-scale liquid crystal displays to be adopted as an evolution version of iPhone 5s who is the high-end model.

The camera turn of the large-scale screen model looks like iPhone 5c, and it predicts it from the thing that the hole in the volume control Paeonia suffruticosa Andr. and the bottom side on the aspect side design etc. resemble closely.

4.7-inch model is predicted that both about 14cm in length, about 7cm in width, and about 16cm in length, and about 8cm in width 5.7-inch model thickness is 7mm. Moreover, the reason is not understood though 5.7-inch liquid crystal display model becomes a packaging method like iPod touch (5th generation) the processing of the camera, and shoots out from the case a little.

As R shape on the back is adopted on the surface, and the possibility of adopting the design to which the entire aspect did R shape is as high as iPod nano (7th generation).

R seems to be put on the edge of the glass adopted on the surface to install the liquid crystal display by this size, and to challenge the technology that matches it to the main body case.

However, the possibility of changing into a new design will still have gone out of the annulment once though it is not possible to say, and iPad Air was developed at first by 7mm thickness, and becoming 7.5mm thickness to these with the final design in the future, too.

The current model is not replaced from these but it is predicted that iPhone 5c model lineup is expanded.


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する