AppleInsiderが、木曜日にAppleのオペレーション部門担当ヴァイスプレジデントTara Bunch氏による技術スタッフ向けの社内説明会が行われ、そこで、経費を下げつつ、ユーザーにより魅力的なAppleCareサービスを提供する予定だと説明したと伝えています。

iPhoneの修理に関して、スピーカー、レシーバー、ホームボタン、バイブレーター・モーター、バッテリー交換修理パーツを提供しているが、6月からはディスプレイ交換も行えるようになり、7月からはカメラ、スリープ/スリープ解除ボタン、ロジックボード修理交換も出来るようになり、なるべく本体交換対応ではなく、ユーザーのオリジナルデバイスを返却出来るようにすると説明したようです。


また、技術者向けに離れた場所からリモート操作で、ハードウェアの問題や直接データをチェックすることが出来る進化した診断ツールの提供も開始されるようです。

この新しいサポートサービスは、アメリカ向けに提供され、後に海外向けとオンライン向けに提供される予定だそうで、この変更により、1年間で約10億ドルの経費節約を見込んでいると説明したようです。

有料のAppleCareサービスについては、月額制とする大幅な変更を計画中で、現在の特定製品ごとにAppleCareを購入するのではなく、ユーザーに保証権利を持たせるという方式に変更されるようです。

また、Apple StoreでMacを新しく購入した場合、One to Oneトレーニングを受けることが出来ますが、AppleCareを購入したユーザーも、One to Oneに類似したサービスが受けられるようになるようです。

AppleCare+の契約数拡大により、電話サポートへの対応件数が増大しており、それらに対応するため、在宅技術担当者は4,200人と1年で倍以上増えていると説明し、間接費を下げるために、ポテンシャルを持ったスタッフを増やす準備を進めていると説明したようです。

最後に、iMessageとサポートサイトのリニューアルに取り組んでいて、動画を含んだインタラクティブ・チュートリアルが大幅に更新される(現在、中断している)予定で、ウェブページは、MacとiOSデバイスからの閲覧に最適化されると説明したそうです。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する