AppleInsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、以前、2013年度Apple製品ロードマップ予測を行っていたが、様々な開発の難しさによることが原因となり、遅れが生じる可能性があると説明していると伝えています。


iPhone 5Sは指紋認証センサーを含む技術的な問題があり、カバーガラスの下に塗る白と黒のコーティング材料による干渉を防ぐ必要があり、これが出荷に影響を及ぼす可能性があるようです。

これに加えて、iOS 7に含まれる指紋スキャン機能の開発と検証に、より多くの時間を掛ける必要があるだろうと予想しているそうです。

廉価版iPhoneは、スリムなプラスティック筐体が採用されるようだが、コーティングと表面処理の歩留まり率向上が難しく、出荷予定を遅らせる要因になるかもしれないと考えているそうです。

iPad mini (2nd generation)は、Retinaディスプレイが搭載されると予想されるが、ディスプレイ製造の難しさが原因となり、出荷が遅れるかもしれないと予測しているそうです。

これらの問題により、iPhoneとiPadの出荷が1桁増加すると予測されるのは2013年第3四半期と予想しているようです。


関連エントリー
AppleInsider:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、廉価版iPhoneはガラス繊維を混ぜたプラスティック筐体を採用している?
MacRumors:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 5Sと廉価版iPhoneは6月〜7月に発表されると予測
MacRumors:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2013年度Apple製品ロードマップを予測
MacRumors:KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏、2012年後半のApple製品スケジュール予測


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する