Appleが、WWDC 2011で発表した「iOS 5」は、PC Freeとなり、キャリアとのアクティベーションも端末単体で行えるようになります。

また、すでに、Apple TV (2nd generation)では実現されていた、無料のiOSソフトウェアアップデートも、iOSデバイスで行う事が出来るようになります。

App StoreやiTunesは、iCloudを通じて、削除後、再びインストールするのも簡単になります。

さらに、iOSデバイスの充電しはじめると同時にWi-Fi接続による同期や、縦組み、縦中横、圏点に対応したEPUB 3.0、携帯電話の絵文字が追加されたUnicode 6.0.0なども実装されています。

これらは、iOS 5から実現される機能で、iOS 4では利用出来ません。

特に最初のPC Freeは、iOS 4からiOS 5にアップデートを行う際には利用出来ないため、今後の、初期販売オペレーションを考えると、iOS 5のリリースを待って、iOS 5がインストールされた「iOS 5プロダクト」として発売される可能性が高いと考えられます。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する