AXE I/O

AXE I/O

NAMM Show 2019において、IK Multimediaが、入力インピーダンスまで調整可能なZ-TONE、リアンプ対応AMP OUTなど、ギターに必要な仕様を考え抜いて作られたUSBオーディオ・インターフェース「AXE I/O」を発表しています。

温かいサウンドを生み出すディスクリートJFETと、完全に透明で、正確なサウンドを伝えるPUREの、2モードが用意されています。


AXE I/O

AXE I/O

USBポートは、USB-B(USB 2.0)が採用されていて、フロント・パネルにギター&ベース用の2系統のHi-Z 1/4"端子、さらにバック・パネルにはファンタム電源対応の2系統のXLRマイク&標準ライン・コンボ端子が装備され入力レベルは、視認性の良いLEDメーターで確認できます。

出力はバック・パネルにステレオ・モニター・スピーカーなどを接続するバランス・アウト端子(1/L、2/R)に加え、2つのアンバランス・アウト端子(3、4)が装備されています。


iRig Micro Amp

iRig Micro Amp

iOS/USBインターフェース内蔵のコンパクトなギター・アンプ「iRig Micro Amp」も発表しています。

本体に3種のアナログ・アンプ・チャンネルを内蔵している他、iPhone、 iPad、Mac/PC対応の、iRig HD 2同等のインターフェース機能を内蔵しているため、AmpliTube、GarageBandにて演奏、レコーディングが行えます。


iRig Micro Amp

iRig Micro Amp

AUXインプット、ヘッドフォン・アウト搭載で静かな練習にも対応するほか、キャビネット・アウトもあるので、リハーサル・スタジオなどで大型キャビネットに接続すれば、さらに大音量でプレイ可能です。

9V電源アダプタ(別売)の接続時は15W、単3電池6本でも7.5W出力のアンプ、4インチ・カスタム・ボイス・スピーカーの組み合わせは、2倍サイズのアンプと同等のパワー、音量を誇ります。


iLoud MTM

iLoud MTM

40Hzから24kHzまでフラットな周波数特性、100W RMSのパワーを備えた、コンパクトな高解像度のスタジオ・モニター「iLoud MTM」も発表しています。

正確な音像と再現力を実現する上下左右対称のMTMデザインを採用し、高度なDSP技術によるリニアな位相特性、自動音場キャリブレーション機能の組み合わせにより、かつて無いほど透明で、自然なサウンドと、正確な音像を実現し、ミックス時の判断が早く、より良い結果につながるよう設計されています。


iLoud MTM

iLoud MTM

IK Multimediaの定評あるARC System技術による自動音場補正システムが内蔵されていて、同梱の音場測定マイクをiLoud MTMのARC MIC INに接続し、リスニング・ポジションに設置したら、あとはCAL/PRESETボタンを長押しするだけです。

自動音場補正の結果に基づき、フラットな特性になるように補正をするだけでなく、好みに応じて低域レンジを拡張したり、低音域、高音域の音量を手動で調整することもできます。

2019年5月上旬から発売される予定です。



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する