Apple Business Manager

Apple Business Manager

Appleが、WWDC2018における「What's New in Managing Apple Devices」において、エンタープライズ向け管理ツール「Apple Business Manager」のベータ提供を開始すると発表しています。

iOS、macOS、tvOSデバイスすべての導入を1つの場所から行える、IT管理者向けのシンプルなWebベースのポータルで、モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションで使用する場合、デバイスのさまざまな設定値を設定し、Appやブックを購入したり配布したりすることができます。


Apple Business Manager 提供国

Apple Business Manager 提供国

2018年4月から、アメリカの一部企業向けにアルファ提供されていましたが、本日から、日本を含めた34ヶ国でベータ提供が開始され「Apple Business Managerヘルプ」も公開されています。

また、2018年夏に65ヶ国にまで拡大して提供開始するそうです。

なお、ロシア、中国、中等アジア、アフリカ(南アフリカの族)など提供されない国も多いようです。


Management

Management

教育機関向け管理ツール「Apple School Manager」で出来ることはApple Business Managerでも可能なため、これまで大規模Apple ID取得に苦労していたSEの方には朗報ではないかと思います。

また、macOS、iOS、tvOSのMDM管理も可能となり、ビジネス導入案件が増えそうな気がします。


Developer

Developer

多くのエンタープライズデベロッパーの参加も予定されているそうです。

Apple Business Managerには、Apple School Managerのstudentという緩いアカウントはなく、全員 teacher と同じ権限となり、部門別にグループを分けるといった機能は実装されていないようです。

なお、正式リリースは2018年中と説明していました。


Labで確認したところ、AppleSchoolManager と違い、CSV でのアカウント作成には非対応、SISに非対応だそうです。

当然 ActiveDirectory、OpenSirectory にも非対応ということになります。


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する