iPhone X

iPhone X

Appleが、Apple Special Event September 2017後に行った、iPhone XiPhone8iPhone8 PlusApple Watch Series 3のハンズオンレポートです。

iPhone Xは有機ELを採用したSuper Retinaディスプレイを搭載し、フレームは、医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール素材が採用されています。


iPhone X

iPhone X

iPhone Xのディスプレイ上部は凹の変形ディスプレイ仕様で、右側にセルラー、Wi-Fi、バッテリー残量が、左側に時計が表示されるようになっています。

このステータスバー部分に表示されていた項目が外に出たことで、少しのエリアではありますが、従来よりも広く使用することが可能になっています。


iPhone X

iPhone X

Safariを起動して、端がどうなるのか確認してみたところ、センサー凸部分下辺りが、従来のステータスバー表示に相当するエリアとなっています。


TrueDepthカメラ

TrueDepthカメラ

カメラアプリを起動してみると、凹ディスプレイ部分は、起動したアプリの上部の色をピックアップして、同じ色になります。

また、ステータス表示も絶えず表示されるわけでなく、非表示になる場合もあります。


アニ文字

アニ文字

Face IDは、TrueDepthカメラによって機能し、30,000以上の目に見えないドットを投射して解析するなどし、高い顔認識精度を持っています。

TrueDepthカメラは50以上の異なる筋肉の動きを解析し、あなたの表情を12種類用意された「アニ文字」が利用出来ます。


ポートレートライティング

ポートレートライティング

高度なアルゴリズムを使用し、顔の特徴と光の相互作用を計算します。

そして、そのデータを使って照明エフェクトを作りだす「ポートレートライティング」(ベータ版)機能が利用出来ます。

この機能は、iPhone 8 PlusとiPhone Xで利用可能です。


iPhone X

iPhone X

フロントカメラは「TrueDepthカメラ」と呼ばれ、ポートレートモード、ポートレートライティング、アニ文字が利用出来ます。

スクリーンショットは右側の電源ボタンと左側の音量ボタンの上を同時押しで撮影できます。


防沫性能、耐水性能、防塵性能は、iPhone 7・iPhone 7 Plusと同じIP67等級となっています。


ビデオ撮影

ビデオ撮影

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusは、動画撮影機能がアップし、新しく「4Kビデオ撮影(24fps、60fps)」「1080p(240fps)スローモーションビデオ撮影」に対応しています。

4K/60fps撮影の場合、1分間で約400MBファイルになります。

iOS 11から新しいHEVCフォーマットが採用されているため、4K/30fpsの場合、これまで「350MB」だったのが「170MB」に小さくなっています。


iSight Duoカメラ

iSight Duoカメラ

iSight Duoカメラは縦型に変わり、F1.8/12MP広角カメラとF2.4/12MP望遠カメラ性能となっています。

また、デュアル光学式手ぶれ補正が搭載されています。


iPhone 8

iPhone 8

iPhone 8のiSightカメラ、iPhone 8 PlusのiSight Duoカメラは、iPhone 7・iPhone 7 Plusとは異なり、外側にリングパーツが追加され、筐体を起こしてカバーする方式ではなくなっています。

iPhone 7・iPhone 7 Plusと比較して、縦横の長さは0.1mm〜0.2mm大きくなり、幅は0.2mm厚くなっています。

重量は10g〜14g重くなっています。


iPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 8・iPhone 8 Plusは、背面に耐久性のあるガラスが使用され、色を合わせたフレームは、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウム素材が使用されています。

スペースグレイの質感はiPhone 7・iPhone 7 Plusのジェットブラックの用な美しい質感があります。


Lightningコネクタ

Lightningコネクタ

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusの底面はLightningコネクタが継続採用されています。

また、Apple USB-C電源アダプタ使用で高速充電が可能です。

iPhone 7シリーズ同様に、底面とレシーバー部分に内蔵ステレオスピーカーが搭載されています。


AirPowerマット

AirPowerマット

2018年に発売されるQiワイヤレス充電器「AirPowerマット」は、ワイヤレス充電対応デバイスを3台まで同時充電出来ます。

なお、Qiワイヤレス充電出来るAirPods充電ケースは、別売される予定だそうです。


Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3は、デジタルクラウンの頭が赤くなっているのが特長です。

新しく「気圧高度計」が追加されています。


Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3

S3デュアルプロセッサ、W2ワイヤレスチップを搭載し、eSIMを搭載したGPS + Cellularモデルも用意されています。

GPS + Cellularモデルは、電波状態を示す4つのインジケーターが搭載されています。


Tim Cook CEO

Tim Cook CEO

ハンズオンエリアに、Tim Cook CEO、Appleのフィットネス&ヘルステクノロジー担当ディレクターJay Blahnik氏などの幹部も対応していました。


写真:#アップルノート




PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する