Motherboardが、ツイッタで、YRH04EやJVHResearchとして、Appleリーク情報や、プロトタイプなどを投稿していたAndrey Shumeyko氏は、中国から盗んだiPhoneのプロトタイプを販売した人、オンラインで情報をリークしたApple社員、リーク者や販売者と関係のあるジャーナリストなど、Appleが興味を持ち、調査する価値があると考えるあらゆる個人情報をAppleと共有していたと明かしたと伝えています。

Shumeyko氏は、Appleが自分を利用したと感じ、会社に情報を提供したことに対して報酬を支払うべきだったと考えたが、それがかなわなかったため、自らの体験を語ることにしたそうです。


Appleとの関係は、2017年に一部のApple Store従業員に対するフィッシングキャンペーンの可能性を警告した後、Appleのアンチリークチーム(正式名称はGlobal Security)と関係を築いたそうで、その後、2020年半ばには、最近の記憶では最悪のリークのひとつであるAppleの調査に協力しようとして、「モグラ」になってしまったと話したそうです。

秘密裏に運営されている「Global Security」は、元米情報機関やFBIの捜査官を雇用し、リークや情報漏洩を取り締まることを任務としていると報じられていますが、その運営方法についてはほとんど知られていません。

iOS 14が正式にリリースされる数カ月前に、iPhoneのハッカーたちは流出した初期バージョンを手に入れたが、流出したiOSのビルドは、中国のグレーマーケット業者から購入したiPhone 11のプロトタイプを盗んだものだったと説明したそうです。

昨年、Shumeyko氏はAppleの調査員に「The List」と題したPDFを送り、Twitterでデバイスの広告や販売をしていた3人と、iPhoneのプロトタイプを収集している米国市民の電話番号やWeChat ID、申し立てられた場所などの個人情報を共有した書類が基本となり、このPDFに記載されている人物の一人が、Appleからの法的文書を受け取った人物であることが取材で判明したそうです。

2020年の夏、Shumeyko氏はApple Global Securityの担当者に、ドイツでApple Mapsの開発に携わっているApple社員と連絡を取ったことを伝え、Shumeyko氏は、その従業員が会社の電子メールやイントラネットにログインする際に使用するAppleの社内アカウントへのアクセス権を売ると申し出ていたと伝えたそうで、Shumeyko氏によると、その従業員とは常に連絡を取り合っており、最終的には解雇されたそうです。

Shumeyko氏がGlobal Securityに話をし始めてから1年後の7月15日を最後に、Global Securityと連絡が途絶えたそうです。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する