The Independent

The Independent

The Independentが、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントGreg ‘Joz’ Joswiak氏、ハードウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントJohn Ternus氏へのインタビューを掲載しています。


Joswiak氏は「iPadとMacについて、人々は2つの矛盾した話をしている。」と話し「一方では、iPadとMacは相反するものだと言われています。誰かが、Macが欲しいのか、iPadが欲しいのかを決めなければならないと。あるいは、2つのカテゴリーをなくして1つにしようという壮大な陰謀があるのではないかと言われます。実際には、どちらも真実ではありません。私たちは、それぞれのカテゴリーで最高の製品を作るために、本当に一生懸命働いているという事実を誇りに思っています。」と語っています。

「iPadはタブレットよりも優れている。」という理由で、この言葉を「使うことさえ我慢できない。」と冗談を話し「カテゴリー名を呼ぶことで、それを矮小化するのは嫌なのです。iPadとMacはそのカテゴリーを大きく凌駕しています。だからこそ、両方の最高の製品を作るというのが我々の戦略なのです。」と説明しています。


Ternus氏は「私たちは、このデバイスでできることを制限して、他のデバイスの足を引っ張りたくない、などとは考えていません。私たちは、最高のMac、最高のiPadを作るために努力しています。そして人々はそれを選ぶ。」と話し「多くの人が両方を使っていますし、両方にまたがるワークフローを持っています。特定のタスクにおいて、どちらか一方を好む人もいます。しかし、私たちはこれからも、より良い製品を作り続けていきますし、これからもより良いものにしていくだけです。マージなどの理論にとらわれることはありません。」と語っています。

ワークフローの多くは同じですが、2つのデバイスを区別するのは、主にタッチだと説明し「Macには存在しないApple Pencilや、iPadに搭載されている優れたカメラやAR(拡張現実)ツールについても言及していますが、これらは大きな兄弟機には搭載されていない、あるいは搭載できないものだと説明し、iPadではできないこともあり、それはハードウェアの性能ではなく、新しいiPad Proに懸念があるとすれば、それは速度が十分でないということではありません。むしろその逆で、圧倒的なスピードを持ちながら、それを実際に使うことができないということです。」と話しています。

私たちが作る最高のApple Siliconは、常にiPad Proに搭載されてきました。そしてM1チップは、我々が作る最高のApple Siliconで、驚くべきテクノロジーの集合体です。CPUやGPUの性能だけではなく、ISPも、ニューラルエンジンも、Thunderbolt機能も、これらすべてが揃っています。ですから、iPad Proにこれらの機能をすべて搭載したいと考えるのは当然のことです。」と説明しています。

薄型化すると、必然的にLEDの数を増やす必要があり、光を混ぜたり、ゾーンを作ったりするスペースが少なくなるため、密度を高める必要があり「どうすれば十分な密度のバックライトを作れるか」というのが当初からの課題で、そのためには、新しいLEDを設計する必要があり、このバックライトに1万個のLEDを非常に正確に配置するためのプロセスを設計しなければならなかった。」と説明しています。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する