Search Ads Basic

Search Ads Basic

Appleが、App Storeでの検索広告表示サービス「Search Ads」を、基本機能のみ利用可能な「Search Ads Basic」と、より積極的に広告展開することが可能な「Search Ads Advanced」の2種類に分けて提供開始しています。

Search Ads Basicは、毎月の予算額を設定し、App Storeからアプリがダウンロードされ、インストール・起動するまでの単価(CPI)を設定するだけでとなっています。

また、課金は実際にインストールされた場合のみ発生します。

アメリカのみで利用可能で、2018年秋には世界で利用可能になるそうです。


Search Ads Advanced

Search Ads Advanced

Search Ads Advancedは、新規インストールだけでなく、再ダウンロードを促進させるなど、より積極的に広告アプローチしたい方向けのツールです。

Appleが推奨するキーワードの他に独自キーワード設定が可能で、検索マッチを調べることも出来ます。

性別、年齢、地域の絞り込みも可能で、iPhoneだけ、iPadだけに表示することも可能になっています。

現在、100ドル分の無料クレジットが限定配布されています。


関連エントリー:Apple、App Store検索広告サービス「Search Ads」の提供を開始(100ドル分無料クレジットを限定配布)


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する