Stopping Leakers - Keeping Confidential at Apple

Stopping Leakers - Keeping Confidential at Apple

The Outlineが、6月始めに、情報漏洩に関する社内向け秘密会議「Stopping Leakers - Keeping Confidential at Apple」を開催したと伝えています。

AppleのGlobal Security担当David Rice氏、ワールドワイドセキュリティ調査・セキュリティ首席官Lee Freedman氏、グローバルセキュリティ担当マネージャーJenny Hubbert氏、グローバルセキュリティコミュニケーション・トレーニングチームらによって進行されたそうです。


Appleは、情報漏洩対策のため、国家安全保障局(NSA)のような米国の諜報機関、FBIや、シークレットサービスなどの法執行機関、米軍内などで研究していた研究者をエージェントとして採用しているそうです。

David Rice氏は、昨年の情報漏洩は、海外の工場からよりも、カルフォルニアのAppleキャンパス内からが多かった最初の年だったと説明し、中国グローバルセキュリティチームは、Appleの工場に起因する情報漏洩の問題を解決するため、ブラックマーケットの売り手が、バス停や工場の寮で看板を掲示することにより、工場労働者を勧誘し、情報に対してドルを提供するという行動に対しても監視を行っていると話したそうです。

また、2014年は387台、2015年は57台、2016年は4台の筐体が盗み出されていたと明かし、2016年に進み出された4台だったそうです。

2016年に製造されたのは6500万台の筐体だったことから、1600万分の1にまでの水準に低下したと話したそうです。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する