今年のAppleクリスマスCMは、スティービー・ワンダーと、スティービーが育てた遅咲きの新人歌手アンドラ・ディとによるスティービー・ワンダーの名曲「Someday at Christmas」(想い出のクリスマス)を歌うPV「Apple - Someday At Christmas - Stevie Wonder + Andra Day」が使われています。

Appleのサイトのトップには「Peace. Joy. Love.」のメッセージがあり、CMの最後には「Love.」の文字が表示されて終わります。

このCMには黒人しか登場せず、物心つく前から目が見えない代わりに神が与えたと称される世界的アーティストであり、慈善活動や平和活動に積極的に取り組むスティービー・ワンダーを起用しているということは、Appleが「Diversity」(多様性)をどれだけ重要視しているかが伝わってきます。


このPVはAppleが発注し、TBWA\Media Arts Labが制作したCMなのですが、これまでのCMとは大きく違う点があり、それは、ちゃんとしたアーティストPVとして完成した作品「Stevie Wonder, Andra Day - Someday At Christmas」が存在するという事です。

しかも、その所有権はスティービー・ワンダーが持っているようなのです。

クリスマスCMとして制作するだけでなく、しっかりとしたPVとして完成しているというのは、音楽に対する姿勢が違うのかもしれません。




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する