VR-Zoneが、Intelは、第2世代Thunderboltコントローラー「Cactus Ridge」の出荷を開始したと伝えています。

今回出荷が開始されたコントローラーは、iMac、MacBook Pro、Mac miniに搭載された「Light Ridge」(CV82524EF/L)を置き換える「Cactus Ridge 4C」(DSL3510)と、MacBook Airに搭載された「Eagle Ridge SFF」(DSL2310)の別バージョン「Cactus Ridge 2C」(DSL3310)の2種類に加え、デイジーチェーンやDisplayPortシグナル非対応の「Port Ridge」(DSL2210)の3種類だそうです。

Cactus Ridge 4Cは複数のDisplayPortに対応し、内蔵GPUと外部GPU両方のインターフェイスを扱うことが出来るようです。

Cactus Ridge 2CはEagle Ridge SFFのPCI-Express 4レーン分帯域からPCI-Express 2レーン分帯域に性能がダウンしたモデルで、PC向けノート向けコントローラーと考えられます。

Port Ridgeは、単独接続オンリーのポータブル外付けHDドライブといった周辺機器などに利用されると考えられます。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する