OS X Yosemiteから、インストール後のセットアップ時に「FileVault 2」の使用が推奨されますが、その関係からか、論理ボリュームがデフォルト化されるようになっています。

Mac本体に内蔵されたドライブで、OS X 復元がインストールされている場合、この論理ボリュームグループで構築されます。

一般的に困る事は少なく、USB、FireWire、Thunderbolt接続の外付けドライブなどに、OS X Yosemiteをインストールした場合は、従来通り論理パーティションとなります。


ただ、Mac Proなど、内蔵ドライブを複数増設して、制作環境に応じてシステムバージョンを切り替えている場合、論理ボリュームグループは、Mac OS X Snow Leopard以下のシステムではマウントされません。

また、optionキーを押しながらの起動で、複数ボリューム表示の中から、復元システムを選択することや、パーティションサイズの変更などが出来ません。


この論理ボリュームグループを解除するには「ターミナル」を使用します。

ターミナルから「diskutil cs revert disk[指定ディスク番号]」と実行し再起動します。

写真は、2つの物理的ドライブで、disk2ドライブにOS X Yosemiteがインストールされている状態です。


通常の1つのドライブが内蔵されている場合は「disk1」の指定で良いですが、Fusion Driveの場合は、実行しない方が良いです。


再起動後、ディスクユーティリティから情報を見ると、フォーマットが「論理パーティション」から「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」などに表示が変わっていれば解除成功です。

論理パーティションに戻す場合は、ターミナルから「diskutil corestorage convert "ドライブ名称"」(Macintosh HD など) と実行し再起動します。


:ターミナルを使用するため、実行する場合は、自己責任でお願いいたします。



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する