2020年10月23日(金)

iPhone 12 Pro をチェック

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

Appleが販売を開始した、A14 Bionicを搭載し、5Gネットワークに対応した新型iPhone「iPhone 12 Pro」をチェックしてみました。

Super Retina XDRディスプレイを採用し、Ceramic Shieldと呼ぶ新しい強化保護パネルを採用しています。

グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色がラインアップされます。


iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

カーボン排出量の削減するなどの目的で、USB-C - Lightningケーブルのみの同梱となり、USB電源アダプタやEarPodsは付属しなくなりました。

同梱アクセサリーが削減されたことにより、従来の箱と比べかなり薄くなりました。

Appleは、一度に出荷できる箱の数が増え、全体的な出荷回数の削減につながると説明しています。


iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

金属材料にセラミックスの薄膜を生成させる加工技術PVD処理による光沢をもち、ゴールドに関しては高密度ミクロ波コーティング処理がされています。

背面はガラスパネルが使用され、マグネットを使用した「MagSafe」にも対応しています。


iPhone 12 Pro/iPhone 11 Pro

iPhone 12 Pro/iPhone 11 Pro

iPhone 11 Proと比較し、iPhone 12 Proの底面のマイク/スピーカー穴は左右非対称デザインが継続されています。

iPhone 12 Proでは、右側の穴の数が1つ減り5個となっています。


iPhone 12 Pro:背面カメラ

iPhone 12 Pro:背面カメラ

背面カメラは、12MPセンサーを採用した、ƒ/2.4絞り値の超広角カメラ、ƒ/1.6絞り値の広角カメラ、ƒ/2.0絞り値の望遠カメラと、LiDARスキャナーを搭載しています。

iPhone 11 Proの背面カメラは、12MPセンサーを採用した、ƒ/2.4絞り値の超広角カメラ、ƒ/1.8絞り値の広角カメラ、ƒ/2.0絞り値の望遠カメラでした。

iPhone 21 Proの背面カメラは、広角カメラがより明るくなっています。


iPhone 11 Pro/iPhone 12 Pro

iPhone 11 Pro/iPhone 12 Pro

iPhone 11 ProとiPhone 12 ProのTrueDepthカメラを比べてみました。

iPhone 12 ProのTrueDepthカメラの横幅は1.13mm小さくなり、縦幅は0.15mm大きくなっています。

iPhone 11 Proのディスプレイの縁の方が太いため、その幅を考慮すると僅かですが小さくなっています。


iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proのディスプレイは、Super Retina XDRディスプレイ、6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ、2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi仕様となります。

HDRディスプレイ、True Tone、広色域(P3)、触覚タッチ、2,000,000H1コントラスト比(標準)、最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)はiPhone 11 Proと同じです。


iPhone 12 Pro:Live壁紙

iPhone 12 Pro:Live壁紙

iPhone 12 Proには、グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色のボディーカラーに合わせた専用Live壁紙が用意されています。

これらの壁紙を使用するには、設定>壁紙>壁紙を選択>Liveにアクセスします。


iPhone 12 Pro:音声通話とデータ

iPhone 12 Pro:音声通話とデータ

iPhone 12 Proの設定>モバイル通信>通信のオプション>音声通話とデータに、5G/4Gネットワークへの接続設定として「5Gオン」「5Gオート」「4G」が用意されています。

5Gオンはバッテリー残量に関係なく積極的に5Gネットワークに接続し、5Gオートはバッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gネットワークに接続します。


iPhone 12 Pro:データモード

iPhone 12 Pro:データモード

iPhone 12 Proの設定>モバイル通信>通信のオプション>音声通話とデータ>データモードに「5Gでより多くのデータを許容」「標準」」「省データモード」が用意されています。

5Gでより多くのデータを許容は5Gモバイル通信ネットワークに接続している場合に、より高品質のビデオおよびFaceTimeが利用できます。

標準では、モバイル通信上での自動アップデートとバックグラウンドタスクは許可されますが、ビデオおよびFaceTimeの品質は制限されます。


iPhone 12 Pro:インターネット共有

iPhone 12 Pro:インターネット共有

インターネット共有を行う場合、802.11ac(5GHz、80MHz)2x2 MIMO(866.7Mbps)接続に対応した「Wi-Fi 5」接続に対応しています。

デフォルトでWi-Fi 5接続が選ばれていますが、設定>インターネット共有>にある「互換性を優先」をオンにすると、旧iPhoneと同じ、802.11n(2.4GHz、20MHz)2x2 MIMO(144.4Mbps)接続に対応した「Wi-Fi 4」接続となります。


iPhone 12 Pro:カメラ

iPhone 12 Pro:カメラ

iPhone 12 Proの設定>カメラに「シーン検出」と「レンズ補正」が追加されています。

シーン検出はイメージをインテリジェントに認識し、さまざまなシーンの写真をより美しくします。

レンズ補正は、前面カメラと超広角カメラのレンズによる歪みを補正します。


iPhone 12 Pro:HDRビデオ

iPhone 12 Pro:HDRビデオ

iPhone 12 Proの設定>カメラ>ビデオ撮影に「HDRビデオ」が追加されています。

これをオンにすると10ビットのハイダイナミックレンジで撮影し、Dolby Visionが含まれるようになります。

HDRビデオは720p HD/30fpsでも撮影可能で、iPhone 12とiPhone 12 Proの違いは、4K/60fpsでHDRビデオが有効になるかどうかの違いしかありません。

なお、HDRビデオをオンにするとビデオファイルサイズが少し大きくなります。


MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proシリコーンケース

MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proシリコーンケース

iPhone 12 ProにMagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proシリコーンケースを装着すると、画面全体にサークル表示と音が鳴り、それに合わせてシリコンケースの色を表すモーショングラフィックが表示されます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケースを装着した場合は、画面全体に白いサークル表示と音が鳴り、それに合わせてクリアケースを表すモーショングラフィックが表示されます。

色情報は、シリコンケースのMagSafeに装備されているNFCに組み込まれています。


MagSafe充電器

MagSafe充電器

iPhone 12 Proの背面にMagSafe充電器を接続すると、MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proクリアケースと同様のモーショングラフィックと音の後に、Apple WatchにApple Watch磁気充電を接続したのと似た充電量を示すグリーンサークルと充電量(%)が表示されます。


iPhone 12 Pro:MagSafe

iPhone 12 Pro:MagSafe

ポケッタブルマグナビューワーでiPhone 12 Pro背面を確認したところ、Accessory Design Guidelines for Apple Devices R13で説明されているMagSafe Magnet Arrayとは異なり、磁力帯はリングは2重、オリエンテーションは縦3列になっていることが確認できました。

MagSafe充電器の強力なマグネット吸着力とは異なり、微力なマグネット吸着力となっています。


MagSafe充電器

MagSafe充電器

MagSafe充電器を使用した場合のiPhone 12 Pro充電出力を計測してみました。

実測値で13W前後で行われるようで、Appleデバイスへの7.5W出力対応Qiワイヤレス充電器よりも充電出力が大きく、より速く充電が完了することが分りました。


USB-C - Lightningケーブル充電

USB-C - Lightningケーブル充電

iPhone 12 Proに同梱されているUSB-C - Lightningケーブルを使用し、USB PD対応充電器を使用した場合、実測値18W前後で充電が可能です。

高速充電はUSB PD対応USB-C - Lightningケーブルと高出力USB-C接続充電器を使用た場合が最も速い状況は変わりませんが、ケーブルレスになるMagSafe充電器を使用した場合でもかなり速く充電が可能です。


iPhone 12 Pro:フロントカメラ

iPhone 12 Pro:フロントカメラ

iPhone 12 Proの前面カメラは、12MPカメラ、ƒ/2.2絞り値、シーン検出に対応するスマートHDR 3撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は30.0 mm (35mm換算) のようです。


iPhone 12 Pro:背面広角カメラ

iPhone 12 Pro:背面広角カメラ

iPhone 12 Proの背面広角カメラは、12MPカメラ、ƒ/1.6絞り値、光学式手ぶれ補正、7枚構成レンス、100% Focus Pixels、Deep Fusionなどで構成されています。

シーン検出に対応するスマートHDR 3撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は26.0 mm (35mm換算) のようです。


iPhone 12 Pro:背面超広角カメラ

iPhone 12 Pro:背面超広角カメラ

iPhone 12 Proの背面超広角カメラは、12MPカメラ、ƒ/1.6絞り値、120°視野角、5枚構成レンス、Deep Fusion、レンズ補正などで構成されています。

シーン検出に対応するスマートHDR 3撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は14.0 mm (35mm換算) のようです。


iPhone 12 Pro:背面望遠カメラ

iPhone 12 Pro:背面望遠カメラ

iPhone 12 Proの背面望遠カメラは、12MPカメラ、ƒ/2.0絞り値、光学式手ぶれ補正、6枚構成レンス、Deep Fusionなどで構成されています。

シーン検出に対応するスマートHDR 3撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は51.0 mm (35mm換算) のようです。


Ceramic Shield

Ceramic Shield

前画面に、背面ガラスにも使用している二重イオン交換プロセスを採用し、ガラスにナノセラミッククリスタルを組み込んだ新素材「Ceramic Shield」が採用されています。

iPhone 11 Proと比較して4倍耐落下性能が向上しています。

ただ、最前面の耐指紋性撥油コーティングが削れる度合いは従来と同じで、コーティング剥がれによる傷は発生します。


MagSafe充電器

MagSafe充電器

MagSafe充電器はQiワイヤレス互換とは説明していますが、Qi認証を受けておらず独自のワイヤレス充電製品となるようです。

MagSafe充電器の上に100円硬貨を置き、iPhone 12 Proへのワイヤレス充電が異物検知により止まるかどうかを確認してみたところ、異物検知せず充電され続ける場合がある事が確認できました。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する