iOS Device Capture Format Specifications

iOS Device Capture Format Specifications

Appleが、デベロッパードキュメント「iOS Device Compatibility Reference:Cameras」を更新し、iPhone 7・iPhone 7 Plusのカメラ仕様に関する情報を公開しています。

iPhone 7・iPhone 7 PlusのiSightカメラは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEと同じ「4032 x 3024 pixels (12 MP)」ですが、FaceTime HDカメラは「3088 x 2320 pixels (7 MP)」に性能がアップしています。

また、iSightカメラ、FaceTime HDカメラの両方で、デジタルシネマ規格「DCI-P3」準拠のワイドカラーに対応しています。

DCI-P3表示可能なディスプレイを搭載しているのは、iPhone 7・iPhone 7 Plus、iPad Pro (9.7-inch)、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)、iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)と限られるため、従来のsRGBカラーもサポートされています。

iPhone 7 PlusのiSight Duoカメラの広角カメラと望遠カメラは、iOS標準のカメラでは、2つのカメラを自動的にコントロール利用した撮影となりますが、サードパーティアプリの場合は「両方のカメラ」「広角カメラのみ」「望遠カメラのみ」の3つの選択が可能だと説明されています。

通常は、デュアルカメラの個別アクセスは許可されませんが、デバイスタイプを追加することで可能になるそうです。

なお、光学式手ぶれ補正を使用する場合、望遠カメラではサポートしていないため、広角カメラ側の使用を薦めると説明されています。


iSight Duo カメラ

iSight Duo カメラ

iSight Duo カメラの片方ずつを塞いで、1倍、2倍、10倍にした時どうなるのか調べてみました。

テストは、明るい屋外で被写体が遠い場合と、屋内で被写体が近い場合とで試してみました。


明るい屋外で被写体が遠い場合

明るい屋外で被写体が遠い場合

明るい屋外で被写体が遠い場合

1倍:メインカメラは広角側のF1.8カメラで、AEも広角側カメラで行っている可能性があります。

2倍:メインカメラは望遠側のF2.8カメラで光学2倍、広角側はRGBのグリーンを使って輝度を計っている可能性があります。

10倍:メインカメラは望遠側のF2.8カメラで、デジタルズーム5倍 X 光学2倍で10倍を実現している可能性があります。また、広角側はRGBのグリーンを使って輝度を計っている可能性があります。


屋内で被写体が近い場合

屋内で被写体が近い場合

屋内で被写体が近い場合

1倍:メインカメラは広角側のF1.8カメラで、AEも広角側カメラで行っている可能性があります。

2倍:メインカメラは広角側のF1.8カメラで、光学2倍ではなくデジタルズーム2倍、AEも広角側カメラで行っている可能性があります。

10倍:メインカメラは広角側のF1.8カメラで、デジタルズーム10倍、AEも広角側カメラで行っている可能性があります。

2倍だから光学2倍撮影が絶対と判断しているわけではなく、明るさや被写体の距離などを計測しつつ、シーンをAIでリアルタイムに判断しながら2つのカメラを使っていると考えられます。


関連エントリー:iPhone 7・iPhone 7 Plus をチェック


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する