Snapdragon X7 LTE Modem

Snapdragon X7 LTE Modem

AppleのiPhone 6siPhone 6s Plusは、LTE-Advancedに対応したQualcomの「Snapdragon X7 LTE Modem」(MDM9635M)を採用しているため、受信時最大300Mbps、送信時最大50Mbpsに対応しています。

iPhone 6・iPhone 6 Plusは、Snapdragon X5 LTE Modem(MDM9625M)を採用しているため、受信時最大150Mbps、送信時最大50Mbpsでした。

これにより受信時最大速度が2倍になったことで、各キャリア回線で最大受信速度に違いがでることになります。


PREMIUM 4G

PREMIUM 4G

NTTドコモは「PREMIUM 4G」で、キャリアアグリゲーション(CA)として、2GHz帯、1.7GHz帯、1.5GHz帯、800MHz帯の4つの周波数帯域の組み合わせに「2GHz(112.5Mbps)+1.7GHz(150Mbps)=262.5Mbps」を加えたことにより、iPhone 6s・iPhone 6s Plusで「受信時最大262.5Mbps」が利用可能になりました。

また「1.7GHz(150Mbps)+800MHz(75Mbps)=225Mbps」と「2GHz(112.5Mbps)+800MHz(75Mbps)=187.5Mbps」も利用可能です。


4G LTE / WiMAX 2+

4G LTE / WiMAX 2+

KDDIは「4G LTE / WiMAX 2+」で、キャリアアグリゲーション(CA)として「2GHz(150Mbps)+800MHz(75Mbps)=225Mbps」により、iPhone 6s・iPhone 6s Plusで「受信時最大225Mbps」が利用可能になりました。

また、WiMAX 2+(110Mbps)の2つの電波を束ね、受信最大220Mbpsにも対応しています。


Hybrid 4G LTE

Hybrid 4G LTE

ソフトバンクは「SoftBank 4G LTE」で、キャリアアグリゲーション(CA)として「2GHz(112.5Mbps)+900MHz(75Mbps)=187.5Mbps」により、「受信時最大187.5Mbps」が利用可能です。

また、2.5GHz帯のAXGPで、20MHz幅と10MHz幅の2つをキャリアアグリゲーションで束ねた「SoftBank 4G」で「受信時最大165Mbps」の「Hybrid 4G LTE」が利用可能です。

これまでは、SoftBank 4G LTEで受信時最大112.5Mbps、SoftBank 4Gで受信時最大110Mbpsでした。


どれも理論値性能で、実測性能は場所によって異なりますが、最大受信速度の違いは、体感速度さとして現れてくる可能性があります。


関連エントリー:Apple StoreのiPhone 6s・iPhone 6s Plus SIMフリーモデルと、各キャリアモデルとの2年間総支払額比較





PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する