iPhone 6iPhone 6 PlusiPhone 5sのiSightカメラを使用して撮影したJPGファイルを、プレビューで開いてExif情報を確認してみました。


なお、Appleの製品使用情報から、画素ピッチ1.5 μm 、F値 F2.2で変化がないことは分かっています。

レンズの仕様は以下の通りで、変わっていないという結果になりました。

・iPhone 5s 4.15mm F2.2(35mm換算29mm)
・iPhone 6 4.15mm F2.2(35mm換算29mm)
・iPhone 6 Plus 4.15mm F2.2(35mm換算29mm)


次に、FaceTimeカメラ側で撮影したJPGファイルのExif情報を確認してみました。なお、F値 F2.2と明るくなっていることは分かっています。


・iPhone 5s 2.15mm F2.4(35mm換算31mm)
・iPhone 6 2.65mm F2.2(35mm換算31mm)
・iPhone 6 Plus 2.65mm F2.2(35mm換算31mm)

Appleは、大きくなった開口部とまったく新しいセンサーテクノロジーを採用し、採光量が81%増えたと説明しているため、センサーサイズが大きくなっていると考えられます。


なお、iPhone 6・iPhone 6 Plusは、Exifのバージョンが2.2.1にアップしており、レンズ製造元、レンズモデル、レンズ仕様の情報が追加されています。

レンズモデル情報で、iSightカメラ側なのか、FaceTimeカメラ側なのかが判別出来るようになったようです。


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する